カステル (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カステル
3982 Kastel
仮符号・別名 1984 JP1
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1984年5月2日
発見者 L. G. カラチキナ
軌道要素と性質
元期:2008年11月30日 (JD 2,454,800.5)
軌道長半径 (a) 2.259 AU
近日点距離 (q) 1.765 AU
遠日点距離 (Q) 2.753 AU
離心率 (e) 0.219
公転周期 (P) 3.40 年
軌道傾斜角 (i) 5.30
近日点引数 (ω) 50.61 度
昇交点黄経 (Ω) 252.00 度
平均近点角 (M) 21.96 度
衛星の数 1
物理的性質
直径 9? km
自転周期 8.488 or
5.835 or
2.918 時間
絶対等級 (H) 13.2
■Project ■Template

カステル (3982 Kastel) は、小惑星帯の小惑星。リュドミーラ・カラチキナがクリミア天体物理天文台で発見した。

ソ連(当時)の天文学者で、ブルックス第2彗星が1886年に木星に大接近していたことを突き止めるなど、彗星や小惑星の軌道計算を専門にしていたガリーナ・カステル (Galina Richardovna Kastel') に因んで名付けられた。

2005年9月24日から29日にかけて行われた光学曲線観測によって衛星が発見され、S/2005 (3982) 1という仮符号が付けられた。衛星の直径はまだ不明で、10 km ほど離れた軌道を 8.488 時間の周期で回っていると見られている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]