カスティーリャ=ラ・マンチャ自治州首相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カスティーリャ=ラ・マンチャ自治州政府首相
Escudo de Castilla-La Mancha.svg
カスティーリャ=ラ・マンチャ自治州の紋章
Maria Dolores de Cospedal (19 de noviembre de 2008, Getxo).jpg
現職者
マリア・ドローレス・デ・コスペダル・ガルシーア

就任日 2011年6月21日 (2011-6-21)
呼称 Excelentísima Señora
官邸 Palacio de Fuensalida (トレド)
指名者 カスティーリャ=ラ・マンチャ自治州議会
任期 4年
初代 ホセ・ボノ・マルティネス
創設 1983年6月6日
ウェブサイト www.jccm.es

カスティーリャ=ラ・マンチャ自治州首相Presidente de la Junta de Comunidades de Castilla-La Mancha[1])はカスティーリャ=ラ・マンチャ自治州の行政府の首班である。自治州首相府は州都トレドのフエンサリーダ宮(Palacio de Fuensalida)におかれている。2011年の自治州選挙es)の結果、州首相には国民党幹事長でカスティーリャ=ラ・マンチャ国民党代表のマリア・ドローレス・デ・コスペダル・ガルシーアが就任した。

選出[編集]

自治州議会選挙の後、その選挙の結果選出された州議会議員より、閣僚評議会の議長でもある、州首相が選出される。

首班指名[編集]

州議会によって選出された州首相は、スペイン国王(Rey de España)によって認証され、首相としての辞令を受ける [2]。この後、首相は閣僚(concejeros)を任命し、担当職務を振り分ける。

州首相(1978年以降)[編集]

Escudo de Castilla-La Mancha  カスティーリャ=ラ・マンチャ州代表・自治州首相(1978以降)  Flag of Castile-La Mancha.svg
任期 名前 政党 備考
1978年11月29日 - 1982年2月1日 アントーニオ・フェルナンデス=ガリアーノ・フェルナンデス(es UCD 自治州創設前の初代代表。
1982年2月1日 - 1982年12月22日 ゴンサーロ・パジョ・スビーサ(es UCD 自治州創設前の第二代代表。
1982年12月22日 - 1983年6月6日 ヘスス・フエンテス・ラサロ(es PSOE 1983年1月4日就任、第一回自治州選挙のため、同年5月8日辞任。
1983年6月6日 - 2004年4月18日 ホセ・ボノ・マルティネス(es PSOE 民選初の自治州政府首班。州首相候補者として臨んだすべての自治州選挙において過半数を得て、勝利し、2004年にスペイン中央政府の国防大臣に就任するために辞職するまでその職権にあった。
2004年4月18日 - 2011年6月22日 ホセ・マリーア・バレーダ・フォンテス(es PSOE 前任者ホセ・ボノの中央政府への転出に伴い、交替し、就任した。2007年の自治州選挙において、過半数を獲得、選出された。
2011年6月22日 - マリア・ドローレス・デ・コスペダル・ガルシーア PP 2011年5月22日に行われた自治州選挙において過半数を獲得、勝利、選出された。
出典:Junta de Comunidades de Castilla-La Mancha

脚注[編集]

  1. ^ 女性の場合、女性形のPresidentaが使われる。
  2. ^ 出典:Real Decreto 870/2011, de 21 de junio, por el que se nombra Presidenta de la Junta de Comunidades de Castilla-La Mancha a doña María Dolores de Cospedal García, Boletín oficial del Estado, 148” (スペイン語) (2011年6月22日). 2012年6月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]