カジミエラス・ウオカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リトアニアの政治家
カジミエラス・ウオカ
Kazimieras Uoka
UokaKazimieras.JPG
生年月日 1951年3月4日(63歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソヴィエト連邦リトアニア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗 リトアニアカウナス
出身校 ヴィリニュス大学
所属政党 社会民主党→)
民族主義者同盟→)
祖国同盟→)
民族主義者同盟(2011年 - )

選挙区 カイシェドリースエレクトレナイ選挙区(第59選挙区)[1]
当選回数 2
任期 1992年 - 1996年
任期 2009年 -
テンプレートを表示

カジミエラス・ウオカ(Kazimieras Uoka、1951年3月4日 - )は、リトアニア政治家。リトアニア独立回復宣言書に署名したメンバーの一人。

経歴[編集]

1969年、ヴィリヤンポレ中等学校を卒業。1976年ヴィルニュス大学歴史学部を卒業。

1969年より1971年までソヴィエト軍にて兵役。1988年6月より改革運動サユディスの幹部として活躍。1989年から1991年までサユディスの書記を務めた。

1988年、リトアニア労働者同盟を設立し、1991年1月12日まで議長を務めた。1989年4月、リトアニア社会民主党の再結党に関わり、幹部を務めた。

2000年には「リトアニア緑の運動」のメンバーとなり、2001年、国家民主党党員、2001年から2002年まで国家民主党党首を務めた。2004年から2008年までリトアニア人民族主義者同盟の幹部を務めた。2008年より祖国同盟に所属。2011年、ソンガイラとともに祖国同盟を離党し、民族主義者同盟を再結党した。

1992年から1996年まで、そして2009年以降、国会議員も務めている。

話題になった言動[編集]

2010年5月、彼は同性愛者のデモ行進に反対する声明を発表。

同月9日に行われた「第二次世界大戦戦勝記念退役軍人パレード」にも反対した[2]

2011年3月11日のリトアニア独立回復記念日には、ネオ・ナチ的なデモ行進に参加した[3]

脚注[編集]