カジミエシュ・コルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カジミエシュ・コルトKazimierz Kord, 1930年11月18日 - )はポーランド指揮者

1939年から1945年までピアノレニングラード音楽院で学ぶ。またクラクフ音楽院にも学んだ。

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団とバーデンバーデン南西ドイツ放送交響楽団に指揮者として要職に就く。オペラ指揮者としての契約の一つに、1976年にロンドン王立歌劇場における《エフゲニー・オネーギン》の上演があった[1]。数ある音源の中にジュール・マスネの《ドン・キホーテ》の録音がある[2]

参考資料[編集]

  1. ^ Evidon, Richard, "Music in London" (June 1976). The Musical Times, 117 (1600): pp. 503-505, 507-509.
  2. ^ MacDonald, Hugh, "Record Reviews" (Werther, Cendrillon, Don Quichotte) (August 1980). The Musical Times, 121 (1650): 504-505.

外部リンク[編集]

  • 略伝[1](英語)
先代:
ヤン・クレンツ
ポーランド国立放送交響楽団 音楽監督
1969–1973
次代:
アントニ・ヴィト
先代:
ヴィトルド・ロヴィツキ
ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 音楽監督
1977–2001
次代:
アントニ・ヴィト
先代:
エルネスト・ブール
南西ドイツ放送交響楽団 首席指揮者
1980–1986
次代:
ミヒャエル・ギーレン