カシュプ (警備艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カシュプ
ORP Kaszub
カシュプ(2005年)
2005年に撮影されたカシュプ
艦歴
起工 1984年6月9日 北造船所
進水 1985年12月8日
竣工 1987年3月15日
所属 Naval Ensign of Poland.svg ポーランド人民共和国海軍
Naval Ensign of Poland.svg ポーランド共和国海軍
要目
艦種 警備艦・対潜コルベット
艦型 620号計画型
番号 240
排水量 基準排水量 1183 t
全長 82.34 m
全幅 10.0 m
喫水 4.9 m
機関 スルゼル=ツェギェルスキ 16AS-V25/30ディーゼルエンジン 4 基
出力(4 基合計) 17400 馬力
12800 kW
推進 2推進
最大速力 26.2 kn
航続距離 3500
乗員 82 名
武装 76.2 mm単装両用AK-176M 1 基
23 mm連装機関砲ZU-23-2M「ヴルベル1」 3 基
45 mm単装礼砲 2 基
Fasta-4M 9K32M「シュチュシャワ2M」4連装艦対空ミサイル発射機 2 基(9M32Mミサイルを使用)
12連装対潜ロケット弾発射機RBU-6000「シミェルチ2」 2 基(RGB-60ロケット96 発)
533 mm連装魚雷発射管DTA-53-620 2 基(SET-53M魚雷を使用)
レーダー MR-302、S-252、S-341
ソナー MG-322T、MG-329M
電子戦装備 パッシヴ妨害装置「ヤシュチュションプ」

カシュプ(ポーランド語:ORP Kaszubカーシュプ)は、ポーランドで建造された警備艦(dozorowiec)・コルベット(korweta)である。

艦名は、ポーランドの地方名に因む。カシュプという名称を持つポーランド海軍の艦艇としては3代目となる。由来となった地方名や民族名言語名が「カシュブ」、「カシューブ」と表記されることから、この艦についても同様の表記を用いることは間違いではない。しかし、しばしば見られる「カスズブ」という表記は、ポーランド語表記をローマ字読みしただけの完全な誤りである。

概要[編集]

建造[編集]

1975年、ポーランド海軍技術部はソ連1124号計画型小型対潜艦をもとに初めての近代的外洋型艦船となる620号計画型警備艦(Dozorowce projektu 620)を立案した。しかし、情報の不足から計画の完成作業は遅れ、1979年になってようやく計画がまとまった。しかし、今度は造船所の設備を整えるのに手間取り、起工は1984年6月9日まで遅れた。

その620型警備艦の1 番艦として計画されたのがカシュプであった。そのため、620型警備艦はカシュプ級の艦級名でも呼ばれるようになった。カシュプは1984年6月9日グダニスクの「ヴェステルプラッテの英雄記念」北造船所(現株式会社北造船所」)で起工、1985年12月8日進水1987年3月15日に竣工した。

ポーランドでは1950年代よりコルベットクラスの数多くの艦艇を計画してきたが、その中で唯一実現したのが620型警備艦であった。しかし、620号計画は当初4 隻の建造が予定されていたにも拘らず結局はカシュプ1 隻の建造で終了し、その後海軍では1988年にソ連から対潜ミサイル駆逐艦ワルシャワを購入した。

運用[編集]

カシュプの主要任務となったのは、敵潜水艦の探知と撃滅であった。単独または部隊での運用が前提とされ、対潜哨戒機ヘリコプターとの協同作戦での運用能力も付与された。また、カシュプは輸送艦揚陸艦艦隊護衛任務にも使用できた。カシュプはバルト海北海の気候下での運用が可能で、ある程度の砕氷能力を有していた。

冷戦の終結後、カシュプはヨーロッパの国家ポーランドの保有する最大の水上戦闘艦艇として、西ヨーロッパ諸国との協同演習に積極的に投入されてきた。また、親善訪問も多国にわたった。2005年には、ポーランドの北大西洋条約機構(NATO)参加に伴い、NATO艦隊の中での共同活動のためのNATO規格化と近代化改修作業が実施された。

また、NATO参加に関連し、ポーランドでは620型の発展型となるフリゲートの建造計画を立案した。620/II号計画と呼ばれたこのプランでは、7 隻の建造と2002年度の1番艦の進水が予定された。しかし、資金不足により計画はすべて中止となった。結局、2001年に発注された621型コルベット7 隻がこれを補うこととなった。621型はガヴロン級とも呼ばれ、ドイツで設計されたMEKO型フリゲートのシリーズのひとつである。これは、ポーランドにとっては660型ミサイル艇に続くドイツ製艦艇となった。しかし、これも建造中の1 隻を除きキャンセルされた。

装備[編集]

カシュプには、一通りの武装が取り揃えられた。対水上用・対空用には、両用砲AK-176M1 基が搭載された。防空ミサイルには、1124型の搭載した9K33M「オサーM」より簡単な9K32M「シュチュシャワ2M」(Strzała-2M:「strzała」は「」)が選択された。但し、発射機は4連装のものが2 基と、1124型の連装発射機1 基という内容より向上されていた。これを補助する対空機関砲として、陸上用対空砲として多用されたZU-23-2の艦載型ZU-23-2M「ヴルベル1」(Wróbel-I:「wróbel」は「」)が搭載された。対潜水艦用兵器としては、対潜ロケット弾の12連装発射機RBU-6000「シミェルチ2」が2 基、対潜魚雷を発射できる533 mm連装魚雷発射管DTA-53-620が2 基搭載された。

RBU-6000対潜ロケット発射機を使用するカシュプ

また、カシュプには対潜装備の根幹として高性能の水中音響探知機が2 基搭載された。基本部となるMG-322Tと可変追跡装置MG-329Mは、ともに高周波と中周波での探索が可能であった。レーダーは、水上・対空監視レーダーのMR-302と水上レーダーのブリッジマスターS-252、ナヴィゲーション・レーダーのブリッジマスターS-341が搭載された。ブリッジマスター製レーダーは、1990年代に行われた近代化改修作業の際に取り付けられた。

電子戦装備としては、電波妨害用に電波レーザー警戒装置ORLO、可動式電波欺瞞紙発射装置10 基、固定式電波欺瞞紙発射装置9 基からなるパッシヴ妨害装置「ヤシュチュションプ」(Jastrząb:「」)を装備した。

機関は国産のディーゼルエンジンが搭載されたが、元となった1124型に搭載されていたガスタービンエンジンより能力が劣ったこともあり、最大速力は1124型の34 knより大幅に劣った。また、航続距離でも及ばなかった。

関連項目[編集]

カシュプのシルエット

外部リンク[編集]