カシュテラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カシュテラ
Kaštela
カシュテル・スタリの町
カシュテル・スタリの町
座標 : 北緯43度33分 東経16度23分 / 北緯43.550度 東経16.383度 / 43.550; 16.383
行政
クロアチアの旗 クロアチア
  スプリト=ダルマチア郡
 市 カシュテラ
市長 Ivan Udovičić
地理
面積  
  市域 57,67 km2
人口
人口 (2001年現在)
  市域 34,103人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 21212
ナンバープレート ST
カシュテラの位置(クロアチア内)
カシュテラ
カシュテラ
カシュテラ (クロアチア)

カシュテラクロアチア語:Kaštela)、あるいはカシテラは、クロアチアの都市。クロアチアダルマチア地方沿岸部、スプリトの北西に位置し、海岸沿いに並ぶ複数の小規模な町であるが、全体でひとつの都市(grad)として扱われる。2001年時点の人口は34,103人であるが、人口2,500人から6,500人程度の7つの町に分かれている。

カシュテラとは、カシュテル Kaštel の複数形である。カシュテラを構成する町は以下の通り。

カシュテル・ノヴィのビヤチにある遺跡

カシュテラ・リヴィエラは長さ20キロメートルにわたる肥沃な土地であり、スプリトの北西の海岸に沿って広がり、古代ローマで初の浮きドックなどもある。カシュテラは、古い町や比較的新しい町を含む7つの町によって構成されている。カシュテラ地域は、穏やかなアドリア海と背後に広がる急峻な岩山という自然の造形、そして恵まれた土壌によって、先史時代から人をひきつけてきた。かつては古代ギリシャの港であり、ローマの退役軍人たちの訪問先であり、クロアチアの王たちのための場であり、そして現代ではリゾート観光の地となっている。長く伸びた砂浜にはテラスや展望所、テニスコートやその他のスポーツ・グランド、生い茂るマツギョリュウの木が並ぶ。カシュテル・スチュラツの郊外には工業地帯が形成され、アルミニウム精製工場がある。また、スプリト・カシュテラ空港もカシュテラにある。また、カシュテラの郊外には、古代遺跡サロナがあり、古代ローマ以前の時代から都市か築かれていた。

ヤドロ川は古代のディオクレティアヌス宮殿への水道であり[1]ソリン(サロナ)から流れ出し、スプリトとカシュテラに水を供給している。研究によると、ヤドロ川の源泉の水は極めて水質がよいとされている[2]。複数の水文学の研究がこの地で行われている[3]

姉妹都市[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ C.Michael Hogan, "Diocletian's Palace", The Megalithic Portal, A. Burnham ed, Oct 6, 2007
  2. ^ Nives Štambuk-Giljanović, The Pollution Load by Nitrogen and Phosphorus In the Jadro River, Springer Netherlands, ISSN 0167-6369 (Print) 1573-2959 (Online), Volume 123, Numbers 1-3 / December, 2006
  3. ^ P. Zannetti, Environmental Modeling: Computer Methods and Software, 1996, Computational Mechanics Publications, 462 pages ISBN 1853123420
上空からみたスプリト・カシュテラ空港とカシュテラの町

座標: 北緯43度33分 東経16度23分 / 北緯43.550度 東経16.383度 / 43.550; 16.383