カシオ・CZシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CASIO CZ-1

カシオCZシリーズ(カシオ・シーゼット・シリーズ)はカシオ開発のPD音源を採用したシンセサイザーの型番・商品名。 80年代中期に製造、販売された。

概要[編集]

FM音源を採用したヤマハDXシリーズに牽引された80年代のデジタルシンセサイザー界であったが、独創的なPD音源を搭載したCZシリーズも、デジタルでありながら温かみのある音色で多くのミュージシャンの支持を得た。 DXシリーズよりも低価格なCZシリーズが成功した事によって、ヤマハからはDX21、DX100がリリースされる。 デジタルフィルターが実用化された最初のシンセサイザーでもある。

カシオはすでにカシオトーンで楽器に参入していたが、新たな分野である本格的なシンセサイザーとしてCZシリーズを開発するにあたっては、冨田勲の協力を得て開発を進めた。

筐体デザインはプラスチックス立花ハジメが手掛け、CMにはYMO高橋幸宏が出演した。また、モニターはP-MODELが務めていて、カシオはライブでの強力なバックボーンとなっていた。

カシオは1987年8月、セミプロフェッショナル向けSD音源搭載のモデルHZ-600をリリース。翌年1988年8月、PD音源を進化させたiPD音源を搭載したVZ-1・VZ-10Mをリリース。1989年8月、VZ-10Mの廉価モデルであるVZ-8Mを最後にCASIOは長くシンセサイザー事業から撤退する事になる。SD音源自体は、ホームキーボードスタイルの製品・MT-600・HTシリーズに継続搭載された。

しかし、2012年にXWシリーズをもってシンセサイザー市場に再参入することとなった。

シリーズのモデル[編集]

型式 CZ-101 CZ-1000 CZ-230S CZ-5000 CZ-3000 CZ-2000S CZ-1
発売年月 84/11 85/01 85/04 85/04 85/10 86/08 86/01
価格 ¥89,000 ¥110,000 ¥69,800 ¥198,000 ¥138,000 ¥128,000 ¥198,000
鍵盤 49鍵ミニ 標準49鍵 49鍵ミニ 標準61鍵 標準61鍵
同時発音 8(1DCO)/4(2DCO) 16(1DCO)/8(2DCO)
ボイス
プリセット
インターナル
カートリッジ

16
16
16

96
4
-

32
32
*

64
64
64
サイズ[mm] 676×208×70 785×300×90 806×206×76 1025×341×125 950×350×120 1025×341×127
重量 3.2Kg 5.5Kg 3.9Kg 11.7Kg 10.7Kg 13Kg
電源 3電源(AC100V/カーバッテリー/乾電池) AC100V
特長 CZシリーズの最初のモデル。ストラップピン付き。 CZ-101の標準鍵モデル。ストラップピン付き。 非プログラマブルPD+PCM20リズム。カシオトーン的デザイン。スピーカー内蔵。 8トラックシーケンサーを搭載。CZ-3000の上位機種。 ピッチベンド、モジュレーションホイール搭載。ステレオコーラス内蔵。 CZシリーズ最後の機種。CZ-3000相当のPD音源。スピーカー内蔵。 タッチレスポンス搭載。

*メモリーバンクにロード。

関連項目[編集]