カシオトーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カシオトーン CT-201 (1980年)

カシオトーンCasiotone )は、カシオ計算機株式会社が製造・販売している電子楽器(キーボード)の総称である。最初に発売された製品は1980年1月の「カシオトーンCT-201」であった。現在では、公式にはこの呼称ではなくなってはいるものの、カシオの電子キーボード全体もしくは自動伴奏機能「カシオコード」を搭載したキーボードを指す言葉として一部で使われている。

概要[編集]

玩具を別にすれば唯一楽器メーカー以外で製造されている電子キーボードで、他社製品と遜色ない性能でありながら安い価格設定が特徴である。また、鍵盤が光るメロディガイド機能を用意したのはカシオトーンが初めてである。

初期製品のノウハウは1984年から発売されたプロユース向けのシンセサイザーであるCZシリーズ、VZシリーズなどに生かされたが、わずか数年でシンセサイザー開発・販売から撤退し、それ以降は一般家庭・初心者向きの「カシオトーン」に製品を絞り込むこととなった。

2012年にXWシリーズをもってシンセサイザー市場に再参入した。

音源方式[編集]

初期のものはデジタル合成で、HZ-600から継承したSD音源も存在したが、1988年のCT-640よりPCM方式のサンプリング音源に移行。最初期には本体にも「Pulse Code Modulation」と書かれていた(ステレオ式に移行したときにはその表示もあった)。廉価版機種では現在まで「PCM音源」と呼ばれているのに対し、上位機種になると「CD音源」や「スーパーCD音源」と独自の呼称が付く[1]。その後、上位機種の音源は1機種(CTK-1000)のみに終わった「IXA音源」、同社の電子ピアノ「セルヴィアーノ」に採用された「A²(Aスクエア)音源」、「ZPI音源」や「HL音源」と次々に改良が加えられていった。現在では生楽器の音色の表現をメインにHL音源を改良し、最大同時発音数を向上(32音→48音)させた「AHL音源」と廉価版のPCM音源に二分されている[2]
GM対応になったのはCTK-750・CTK-650が最初であるが、この2機種は音色配列のみの対応のためGMマークが付いていない(それ以降の128音色以上を搭載する機種は完全対応している)。

製品ラインナップ[編集]

過去の上位機種では「SUPER CD SOUND COMPOSER」や「IXA SOUND KEYBOARD」と音源方式にちなんだシリーズ名が付けられていたこともあったが、それ以下の機種では特にシリーズ名はなく、自動伴奏を搭載する機種では「カシオトーン」で統一されていた。また、SD音源を搭載し、音色を加工して本体内もしくはRAMパックに保存できたHTシリーズも過去に存在した。

鍵盤が光るレッスン支援機能「光ナビゲーション」[3]の登場前には、「ピカピカトーン」という鍵盤の奥に個別に配置された赤と緑のLEDで音の長さ、音階の2つのモードでメロディガイドを行う初心者向けの機種(PTシリーズ)も存在しており、本体内蔵曲だけでなく別売のROMパックを本体にセットすることにより様々な曲を演奏できた[4]

型番については、標準サイズの61鍵以下の鍵盤を持つ機種には「CT(1990年代中ごろよりCTK)」、73鍵以上の機種[5]には「WK」が頭に付く。ミニサイズ以下の鍵盤を持つ機種には「MT」と付けられていた。その他廉価版では「SA(49鍵未満の小型機種)」「CA」「MA」となっていたが、CAシリーズは現在ではCTK型番に統一されている。

現在の製品ラインナップは以下の通り。

  • ベーシックキーボードシリーズ(CTK・WKシリーズ):機能を基本的なものに絞った機種。上位機種ではAHL音源を搭載。
  • ハイグレードキーボードシリーズ(CTK・WKシリーズ):上記シリーズのうち、AHL音源搭載機種にSDメモリーカードスロット、ピッチベンドホイールを追加した最上位機種。
  • 光ナビゲーションキーボードLKシリーズ[6]):鍵盤が光るメロディガイドを採用した初心者向けの機種。内蔵デモ曲が豊富。全てAHL音源。
  • ミニキーボードシリーズ(SA・MAシリーズ):ミニサイズ(もしくはそれ以下)の鍵盤を持つ小型機種。
  • 個性派シンセサイザーXWシリーズ):新規開発音源である「HYBRID PROCESSING SOUND SOURCE[7]」音源を搭載したシンセサイザー。

その他[編集]

  • かつてDTM向け商品を扱っていた時期に販売されていた音源モジュール(GZ-50Mなど)の音源方式はカシオトーンのものを流用していた。

脚注[編集]

  1. ^ 基本的に全てPCM音源であるが、価格帯によって音質や最大同時発音数が違う。
  2. ^ 廉価版でも音質は向上しているが、最大同時発音数を少なくしているなどのデチューンはされている。
  3. ^ 当初は「MAGICAL LIGHT」。その後「KEY LIGHTING SYSTEM」を経て現在の名称となる。
  4. ^ この機能は後にヤマハが自社のポータブルキーボードに採用していたことがあった。
  5. ^ 73鍵(6オクターブ)はWK-1200のみ。
  6. ^ LKという型式は、かつてカシオトーンのうち低価格帯の機種に教則本やビデオなどを付属して製造・販売されていたものにも命名されていた。
  7. ^ 音源LSI、DSP、CPUを1チップに統合したサウンドエンジン。

外部リンク[編集]