カザン (宇宙戦艦ヤマト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カザンは、アニメ映画ヤマトよ永遠に』及びそれを原作としたPS2用ゲーム『宇宙戦艦ヤマト 暗黒星団帝国の逆襲』『宇宙戦艦ヤマト 二重銀河の崩壊』の登場人物。声優寺田誠[1]渡部猛(ラジオドラマ版[2])。

概要[編集]

暗黒星団帝国黒色艦隊司令兼地球占領軍総司令長官。眼や頭は他の暗黒星団帝国人のそれと同様であるが、身体はやや華奢な方であり、顎も細め。地球攻略奇襲作戦の総指揮を執り、『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』初の地球全土を征圧した異星人となった。その後は巨大戦艦ガリアデスへ乗艦し、黒色艦隊を率いてヤマト追撃の指揮を執る。

ゲーム版では性格が掘り下げられ、姑息さが強調されている。自らは征圧後の地球に残留して総司令長官を務め続けるため、黒色艦隊の指揮はゲームオリジナルキャラクターのミヨーズが執っている。

劇中での活躍[編集]

ヤマトよ永遠に
地球の征圧には成功したが、もう1つの目的であったヤマト探知の任務は果たせず、高速連絡艇で脱出するヤマトの乗組員も捕り逃してしまう。デザリアム星へ向かうヤマトをガリアデスと黒色艦隊で追撃し、7隻のゴルバ型浮遊要塞の真っ只中へ追い込むことには成功するが、ゴルバがあえなく全滅してしまったために挟撃には至らず、その後の消息は不明[3]
ゲーム版
征圧後の地球に残留していたが、終盤には本部へ侵入した古野間と北野に銃口を向けられて狼狽し、命乞いを行う。隙を見て要人保護用のエネルギー偏向フィールドを装着すると態度を変えて攻撃してくるが、まもなくエネルギーが切れて再び命乞いを行う。そのまま北野に撃たれ、ビルの高層階から転落して死亡した。

脚注・出典[編集]

  1. ^ ゲーム版では「麦人」名義。
  2. ^ 「ラジオドラマ『ヤマトよ永遠に』」『アニメージュ』1980年8月号、徳間書店、p.34
  3. ^ 当時の映画雑誌「ロードショー特別編集『ヤマトよ永遠に』」に掲載された撮影開始時点のシナリオ準備稿には、ゴルバ型浮遊要塞群の誘爆がそのまま広がり、カザンの指揮する黒色第三機動艦隊を巻き込んで大爆発する旨の記述がある。その際、カザンが煙の中で苦悶する旨の描写もあるため、ガリアデスは撃沈、カザンも戦死したものと推測される。ただし、本準備稿は空間重魚雷が「超大型魚雷」となっているなど、決定稿とは設定上の細かい相違が認められる。