カザフスタン共産党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カザフスタンの政党
カザフスタン共産党
中央委員会第一書記 ガジズ・アルダムジャロフ
成立年月日 1993年
本部所在地
〒050000
アルマトイ
党員・党友数
54,000人
(2004年)
政治的思想・立場 共産主義
機関紙 カザフスタン・プラウダ
公式サイト Cайт Коммунистической Партии
テンプレートを表示

カザフスタン共産党(カザフスタンきょうさんとう)は、カザフスタン共和国政党である。

ソ連時代のカザフスタン共産党については、カザフ・ソビエト社会主義共和国を参照。

概要[編集]

ソ連8月クーデター失敗後、ソ連共産党の解散と共に、カザフスタン共産党はカザフスタン社会党となり、後に自主解散された。

その後、共産主義者による共産党復活の動きが進み、1991年12月7日の党大会で新しい憲章と綱領が採択された。しかしながら、共産党は1万2千人の署名を集めたにも拘らず、法務省により2度登録を拒否された。

1998年8月27日、最高裁判所の決定により、共産党は公式登録された。1996年、検察庁の決定により活動停止。

2002年、当局は、政党法施行の際、共産党に登録文書を交付せず、翌年、共産党分裂キャンペーンを展開した。

大統領選挙[編集]

1999年1月の大統領選挙には、共産党から党首セリクボルスィン・アブディリディンが出馬し、13.4%を得票して第2位を占めた。ヌルスルタン・ナザルバエフとの決選投票が行われるはずだったが、代わりに「怠慢」を理由に、親アブディリディン派だった各地方自治体のアキム(首長)が解任された。

議会選挙[編集]

1999年末のマジリス(議会)選挙時、共産党は、比例区で1/3を得票して第1位を占めたが、中央選挙委員会による結果の見直しが行われ、18.6%、第2位に落とされた。

2004年のマジリス選挙時、共産党は、カザフスタンの民主的選択(現人民党 (カザフスタン))と連合を組み、9.5%を得票したが、中央選挙委員会は、その結果を半分として発表した。

共産党は、2007年のマジリス選挙をボイコットした。

2004年には、カザフスタン共産党より分離する形で「カザフスタン人民共産党」が結党された。こちらの政党は、2012年の総選挙で7議席を獲得した。

組織[編集]

歴代党首[編集]

外部リンク[編集]