カサ・デ・カンポ (ドミニカ共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カサ・デ・カンポ
概要
所在地 ドミニカ共和国の旗ドミニカ共和国ラ・ロマーナ
座標 北緯18度24分00秒 西経68度55分00秒 / 北緯18.40000度 西経68.91667度 / 18.40000; -68.91667
開業 1971年
種類 パブリック
所有者 Central Romana Corporation, Ltd.
ウェブサイト Casa de Campo - Golf
Teeth of the Dog
設計者 ピート・ダイ (en)
パー 72
全長 6,888
コース
レーティング
74.1
Dye Fore
設計者 ピート・ダイ
パー 72
全長 7,770
コース
レーティング
77.0
The Links Course
設計者 ピート・ダイ
パー 71
全長 6,461
コース
レーティング
70

カサ・デ・カンポ (スペイン語: Casa de Campo)とは、ドミニカ共和国の南東の海岸に位置するラ・ロマーナにあるポンデローサ-スタイルの熱帯海岸リゾート地である。1975年に石油会社のガルフ&ウエスタンが中央ロマーナ製糖工場の敷地7,000エーカー(28平方キロメートル)をカサ・デ・カンポ・リゾートに発展させた。「カサ・デ・カンポ」とはドミニカ共和国の公用語であるスペイン語でカントリーハウスの意味である。

歴史[編集]

この飛び地の贅沢を初めに教授したのはガルフ&ウエスタンの創業者にしてCEOである故チャールズ・ブルードーンの友人であった。彼はこの地に隠れ家を建設した。ブルードーンのドミニカの友人の内の1人であるオスカル・デ・ラ・レンタ (en)はカサ・デ・カンポのインテリアデザインを構築するために雇われた。ブルードーンの死後、キューバ系アメリカ人であり世界最高の「砂糖貴族」であったファンジュル家 (en)がカサ・デ・カンポを購入して下宿人たちに開放した。独占感を損なうことなく、彼らはカサ・デ・カンポを地域で最も完全なリゾート地の一へと発展させた[1]

ゴルフ場[編集]

カサ・デ・カンポのゴルフ場は30年以上の間、国際的に評価されてきた。ゴルフ場設計家であるピート・ダイ (en)およびアリス・ダイ (en)は、1970年代初期からカサ・デ・カンポに家を構えていた。ジャングルと岩の多い海岸沿いを通るコースであるDiente del Perro(Teeth of the Dog、犬の歯、1971年オープン)を開発するために300人のマチェテを持った地元労働者を指導した。1971年にスポーツ誌「Sports Illustrated Swimsuit Issue (en)」の背景に用いられた[2]後、世界のゴルファーたちがコースに集まってきた。アメリカのゴルフマガジン誌による世界のゴルフ・コース100選において、唯一のカリブ海コースとして常にベスト100に入り続け、その多くでベスト50を上回っている。2009年にランキングでは42位、2007年では43位であった[3]

1974年にオープンしたLinks Courseおよび、1990年にオープンした会員制のLa Romana Country Clubは、湖によるアクセントの効いた内陸のコースである。ダイによる非常に称賛された最新のコースであるDye Fore(2000年オープン)は、Chavón River (en)の上にある300フィート(91メートル)の崖の端を通り、Altos de Chavón村 (en)や遠くの山、新しいマリーナを眺望するコースである。ダイはDye Foreの次なる高台のコースに取り組んでいる。

ゴルフ選手権[編集]

カサ・デ・カンポで開催された著名なゴルフ選手権には以下のようなものがある。

ヨットハーバー[編集]

カサ・デ・カンポはモダンな新しい400隻分の停泊地をヨットハーバーに持っており、イタリアの建築家ジャンフランコ・フィーニが設計しポルトフィーノに似せた、120トンのTraveLiftを持つ造船所を備えている。この港の周囲には、レストランや売店、バー、宿泊所が並んでいる。

メディア[編集]

カサ・デ・カンポは1987年のSports Illustrated Swimsuit Issueの背景に用いられた[4]

出典[編集]

  1. ^ Treaster, Joseph (1986年12月28日). “A DOMINICAN RESPITE FROM REALITY”. New York Times. 2011年3月22日閲覧。
  2. ^ Campbell, Julie (1971年2月1日). “A New Era for an Old Island”. Sports Illustrated. 2011年3月26日閲覧。
  3. ^ GOLF Magazine's Top 100 Courses in the World”. 2011年3月26日閲覧。
  4. ^ Campbell, Julie (1987年2月9日). “Sugar and Spice and Oh, So Nice”. Sports Illustrated. 2011年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]