カク為真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「郝為真」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
郝為真
プロフィール
出生: 1849年道光29年) 
死去: 1920年民国9年)
中華民国の旗 中華民国
出身地: 清の旗 直隷省広平府永年県広府鎮大神廟街
職業: 武術家
各種表記
繁体字 郝為真
簡体字 郝为真
拼音 Hǎo Wéizhēn
和名表記: かく いしん
発音転記: ハオ ウェイヂェン
ラテン字 Hao Wei-chen
テンプレートを表示

郝 為真(かく いしん)は清末民初太極拳の指導者。武式太極拳の第三代伝人。武式太極拳中興の祖。本名は郝和為真。永年省立十三中学武術教授。子に、郝月如がいた。

幼少より武術を好み、始めは洪拳を学ぶ。李経綸(りえきよ)より、武式太極拳を学び研鑽し、その技と理論を伝授される。郝為真は、その後も日々練習を重ね、独自の工夫を加えた。そのため開合太極拳とも呼ばれる。 郝月如のほか、主要な弟子には孫禄堂、李保玉、李聖端、李福蔭、韓欽賢、張振宗などがいた。

武禹襄と李経綸(りえきよ)はともに永年の旧家で、儒生自居の生活をし、その技と理論を公開することはなかった。 1912年民国元年)に、郝為真は親友の楊健侯を訪ねて北京に出向いた時、形意拳と八卦掌の孫禄堂と出会い弟子に加える。

李経綸より太極拳譜の「老三本」の一本を授かる。『廉讓堂太極拳譜』(1882年)