カクレンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カクレンボ』(KAKURENBO)は、コミックス・ウェーブから2005年に発売されたOVA作品。アメリカ合衆国ではアダルトスイムで放送された。

ストーリー[編集]

東洋風の摩天楼が広がる荒廃した街。そこでは、「オトコヨ様のお遊戯」と呼ばれる、子供達にしか出来ない秘密の遊び「カクレンボ」があった。カクレンボをする子供達は全部で7人。全員が狐の面を付け、鬼と呼ばれる異形の者達と遊ぶ。行方不明になった妹を探す為に参加するヒコラ、ヤイマオ。鬼の正体を暴く為に参加するノシガ、タチジ、スク。不気味な双子インム、ヤンク。それぞれの思惑を胸に、カクレンボはその幕を開ける。

キャスト[編集]

ヒコラ:竹内順子
カクレンボに参加した妹(ソリンチャ)を探すために、カクレンボに参加する主人公の少年。結局は、最後の一人となりソリンチャに5匹目の鬼にされる。
ヤイマオ:植木誠
ヒコラの兄貴的存在。他のみんなが何処へ行ったのか知りたくて、カクレンボに参加する。ヒコラ、女の子と共に子供達の体力を町の電気に変える塔にきた時、4匹目の鬼「子取鬼」に見つかり、ヒコラにソリンチャを見つけられるよう願い、子取鬼に捕まった。
女の子(ソリンチャ):鈴木真仁
何故かしらカクレンボに参加した謎の少女。実際はソリンチャであり、5匹目の鬼になっていたようだ。不気味な笑いと首に掛けている小さい鐘の様なものが特徴。
ノシガ:内藤玲
強がりなガキ大将。鬼の正体を暴こうとして、タチジ、スクと共にカクレンボに参加する。肥満体で、おっきなイヤリングをしている食いしん坊(原作では、韮饅頭が好物と設定されている)。腹に五岳真形図の1つ、東岳泰山の図が刺青されている。原作によると、護符として親に彫られたらしい。よく釘の付いた棒を持っている。鬼が起動した際、「どっかで屋台でも牽いているんだ」等と、少々鬼を怖がっている模様。建物に入る前に「鬼なんて居るワケない」と言っていたことから、参加する理由とはやや矛盾した点がある。ヒコラが5匹目の鬼とされ、新たな参加者を捕まえる際、最後の最後に子供達の体力を電気に変える塔の最初の部分にされ、骨になっていた哀れな人物でもある。最終的には、二匹目の鬼「血取鬼」の突進の前に(かろうじて避けた)気絶してしまい、捕まってしまった様子。
タチジ:石橋美佳
ノシガの第一の子分でカクレンボの第一脱落者。黄色のパーマヘアーと丸い眼鏡が特徴。肝取鬼から逃げる途中、ノシガに突き飛ばされ捕まった。
スク:小林晃子
ノシガの第二の子分。小柄な体格にノシガの事を兄貴と呼ぶ少年。カクレンボの第二脱落者。タチジ同様ノシガのせいで捕まった様な物。
インムとヤンク:声優不明
暗い過去を持つ双子の兄弟。過去に親を亡くし、原作での別名が「壊し屋」である。普段はおとなしいが、一度切れると殺しかねないと言う不気味な人物でもある。カクレンボに参加した理由は、やはりいろんな物を壊したくて参加したと言える。恐らく赤い服がインムで緑の服がヤンク。「くっ・ふっ・ちっ」等としか言わない。足が速くてジャンプ力もある。油取鬼に見つかり、逃げ回っていたが、二手に分かれていた油取鬼に追い詰められた為、倒して逃げようとするが、捕まった。

[編集]

全部で5匹いて、参加した子供達を捕まえる。捕まえられた子供は塔の一部分にされ、死ぬまで体力を町の電気に変えられてしまう。肝取鬼の腕等がチューブでつなげられていたり、血取鬼の角に提灯が付いていたり、子取鬼の腕は糸の様な物でつなげられていたりしていることから、あらゆる物の一部を組み立てて作ったと考えられる。一度壊れた肝取鬼が再生したことから、鬼は自動的に生き返る模様。

肝取鬼=きもとり(おに)
一匹目の鬼。ノシガの投げた棒が当たって起動した。非常に大きな作りでできているが、一度血取鬼の突進で壊れる。腕が四本あり、その内の一本に丸太が付けられていて、その腕をふりまわして子供達を襲う。タチジとスクを捕まえた。
血取鬼=ちとり(おに)
二匹目の鬼。牛の様な形で、角が四本ある。鼻が良いらしく、臭いで子供を見つけた場面が何回かみられる。強烈な突進を武器に子供達を襲い、突進の威力は肝取鬼を破壊する程である。ノシガを捕まえたが、連れては行かなかった模様(多分つかむ腕が無いからだとも言える)。
油取鬼=あぶらとり(おに)
三匹目の小さな鬼。二体いて、この鬼だけ角がない。大砲の様なものを動かして子供達を襲う(一体は大砲の様な物を動かし、もう一体は大砲の様な物に乗っている)。頭が良いのか、二手に分かれてインムとヤンクを捕まえた。
子取鬼=ことり(おに)
四匹目の鬼。大きくて奇妙な目をギョロつかせる。腕が八本もあり、鋭いジャンプで子供達を襲う。塔の一部分の部屋の様な所に居る。塔を守る事が役目らしく、ヒコラ達が塔に来た際、ヤイマオを捕まえた。
おしら様(オトコヨ様)
五匹目の鬼。五匹の鬼の中の、頭領存在で、参加した子供達の中から最後に残った物を五匹目の鬼にし、毎回毎回子供達を捕まえては町の明かりにする、オトコヨ様の張本人でもある。これでは、ソリンチャがなっており、最後にヒコラを五匹目の鬼にした。

スタッフ[編集]

  • 監督・絵コンテ・演出・CGI・編集:森田修平
  • キャラクターデザイン・美術:桟敷大祐
  • 脚本:黒史郎
  • 音楽:北里玲二
  • アニメーション制作:YAMATOWORKS

外部リンク[編集]