カクレクマノミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カクレクマノミ
カクレクマノミ
カクレクマノミ Amphiprion ocellaris
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 魚上綱 Pisciformes
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ベラ亜目 Labroidei
: スズメダイ科 Pomacentridae
亜科 : クマノミ亜科 Amphiprioninae
: クマノミ属 Amphiprion
: カクレクマノミ A. ocellaris
学名
Amphiprion ocellaris
(Lacépède, 1802)
和名
カクレクマノミ(隠熊之実、隠隈魚)
英名
Ocellaris clownfish, Common clownfish,
False percula clownfish

カクレクマノミ学名Amphiprion ocellaris)は、スズキ目スズメダイ科クマノミ亜科に属するの一種。観賞用として、特に映画『ファインディング・ニモ』で誤って主役として紹介されて以降、人気が高い。

分布[編集]

インド太平洋、特にフィジートンガなどのサンゴ礁で見られる。

形態[編集]

通常のカクレクマノミ(右)とメラニスティック(左)

ほかのクマノミ類に比べると細長い体つきをしている。オレンジ色の体に3本の白い帯と黒いひれがあり、成長すると体長は8センチメートルほどになる。近縁種のペルクラ (A. percula) とは似ているものの、体色や模様から区別が可能である。カクレクマノミはペルクラほど鮮やかな色をしておらず、背びれの鰭条の数が11本である(ペルクラは10本)。目についても両者では異なり、ペルクラの虹彩は明るいオレンジ色をしているため目が小さく見えるのに対し、カクレクマノミのそれは黒く、そのために目が大きく見える。オーストラリアダーウィン周辺のサンゴ礁では稀にメラニスティックの(黒色色素が多い)カクレクマノミが見られ、白い帯は通常と変わらないが、体色がオレンジ色ではなく黒から暗褐色である。それらの黒い個体は、野生下では一般的ではないが、アクアリウム愛好者などの間では人気が出てきている。

生態[編集]

イソギンチャクの中にいるカクレクマノミ

ペルクラとは近縁種でよく似ており、いずれもセンジュイソギンチャクなどのイソギンチャク共生の関係にあり、住みかとして、また捕食者からの避難のために利用している。イソギンチャクの触手には刺胞(毒針)があるのだが、クマノミ類の魚はそれに耐性があるため、そのようなことが可能である。一般的に、カクレクマノミはペルクラよりも丈夫で、性格は若干大人しい。カクレクマノミは、彼らが住みかとしているイソギンチャクが食べ残したものを餌としている。

人間とのかかわり[編集]

上記カクレクマノミのオセラリス種(Amphiprion ocellaris)は映画ファインディング・ニモ』(2003年)に登場するキャラクターとして紹介され、一躍有名になった。

しかし、同映画の主な舞台はオーストラリア東部のシドニー近海からグレート・バリア・リーフにかけてであり、当海域で分布しているのはクマノミのペルクラ種(学名:Amphiprion percula)である。

また、ファインディング・ニモで使われて居るニモの背鰭の鰭条の数は10本で在り、この事からもニモがペルクラ種で在る事が分かる。

ディズニーの公式サイトでは、未だにカクレクマノミとの記述が見られるが、誤りと言える。

この影響で観賞用に大量のカクレクマノミが採集された結果、全世界で乱獲され、他のクマノミ類を含め急激に数を減らしたが、現在では優れた繁殖技術が確立されたこともあり、ある程度は落ち着いてきている。

詳しくはクマノミ参照。

飼育[編集]

販売[編集]

海水魚店、ペットショップにて一般的に販売されている。繁殖された個体が販売されていることが多く、繁殖された個体のほうが一般的に安い。また、他のペット同様ヒレや体に傷が有る場合は安価で販売される。

最大全長[編集]

一般に15cm、ただし一部飼育書、入門書では30cmとも書かれている。

混泳[編集]

  • 同種

条件付きで可能。ペアになると他のカクレクマノミを攻撃するため2匹での飼育が望ましい。複数飼育する場合は縄張りができないくらい多くの数を飼育すると問題なく飼育できる。

  • 他種

カクレクマノミは温和な性格のため、基本的に他種との混泳は問題ない。 イソギンチャク、サンゴを食べることがないため同じ水槽に入れて問題ない。

  • イソギンチャクとの共生

イソギンチャクの種類により共生する。カクレクマノミはイソギンチャクの毒から身を守る耐性があるため共生可能なのである。 共生可能なイソギンチャクの種類ハタゴイソギンチャク、シライトイソギンチャク、センジュイソギンチャクである。一方共生しないイソギンチャクはサンゴイソギンチャク、ロングテンタクルアネモネ、イボハタゴイソギンチャク、タマイタダキイソギンチャクである。ただし、共生は個体差があるため共生するイソギンチャクの種類であっても共生しないこともあれば、逆のこともある。

[編集]

人工飼料、活、冷凍イサザアミ等。

水温[編集]

24℃前後が良いとされる。

水質[編集]

海水魚の中では丈夫な方であり飼育は比較的容易。逆にカクレクマノミが飼育できない水槽では他の海水魚の飼育は難しい。

繁殖[編集]

個人レベルでも繁殖することは不可能ではない。 繁殖の方法は以下の通り。

  1. 稚魚が大きいため個人レベルでも餌を用意可能なため努力次第で繁殖が可能。
  2. 繁殖させるためにはペアを最高の状態で飼う必要がある。強力な濾過、冷凍餌や生エサなどで十二分に餌を与え、安心感を与えるため水槽に他魚はいなくする。
  3. 自然界ではイソギンチャクのすぐ近くの岩に卵を産む。水槽内では一度、卵を産んだ経験があればイソギンチャクは不要との意見もある。
  4. 産んだ卵は親が世話をして、一週間程度で孵化する。
  5. 水槽が暗くなって、1時間ほどしたら孵化するので、孵化が予想される日には照明が切れるタイミングでろ過も止める。
  6. 孵化したら親に食べられないようにするに稚魚を隔離する。このとき稚魚は少しの水流でも死んでしまうため、周りの水ごとプラスチックケースなどでそっとすくう。
  7. 吸い込まれるので濾過は使えないためこまめな水換えを行う。
  8. 餌は初期はワムシを培養し途中から生きたブラインシュリンプを与える。

参考文献[編集]

  • 『はじめて海水魚を飼う時に読む本―カクレクマノミを飼いたい』エイ出版社、2004年。


関連項目[編集]