カオスシード〜風水回廊記〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カオスシード〜風水回廊記〜
ジャンル ダンジョン育成シミュレーション
対応機種 スーパーファミコン
開発元 ネバーランドカンパニー
発売元 タイトー
人数 1人
メディア カセット
発売日 1996年3月15日
テンプレートを表示

カオスシード〜風水回廊記〜』(カオスシード〜ふうすいかいろうき〜)は、1996年3月15日ネバーランドカンパニーの製作でタイトーより発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。ジャンルはダンジョン育成シミュレーションで、シミュレーションアクションRPGアドベンチャーの要素を持つ。キャラクターデザインは船戸明里。作曲は塩生康範1998年1月29日にはセガサターンへの移植・改良版として『仙窟活龍大戦カオスシード』が発売された。

ゲームの流れは、龍脈の枯れた大地に仙窟(ダンジョン)を作り、仙獣(モンスター)を召喚して、侵入者(自国の兵士や西欧の傭兵など)を撃退し、仙窟を育て、枯れた龍脈にエネルギーを注ぎ、大地を蘇らせるというものである。作品世界は古代中国風の東洋ファンタジーで、副題に風水を含む通りに、五行思想干支風水などが設定に引用されている。その一方で、侵入者に西洋ファンタジーに代表されるような、勇者や戦士、魔術師等も配置されており、東洋と西洋の異文化接触模様なども描かれている。