カイ越

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「蒯越」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
蒯越
後漢
列侯光禄勲
出生 不詳
荊州南郡中廬侯国
死去 214年建安19年)
ピン音 Kuai Yue
異度(いど)
主君 何進劉表劉琮曹操

蒯越(かい えつ、? - 214年)は、中国後漢時代末期の政治家、武将。字は異度(いど)。荊州南郡中廬侯国の人。楚漢戦争期の説客である蒯通の子孫。同郷同姓の人である蒯良との関係は不明。

正史の事跡[編集]

最初は何進に東曹掾として仕え、宦官殺害を進言したが容れられなかった。その後、蒯越は自ら望んで汝陽の令として荊州に赴き、劉表配下の大将となった。初平年間に、蒯越は謀略と弁舌を駆使して、荊州で劉表に対立していた地方官や豪族を次々と滅ぼし、あるいは降伏させ、劉表の荊州統一に大きく貢献している。後、献帝の詔勅により、章陵太守を任され、樊亭侯に封じられた。

建安13年(208年)、劉表が死去し劉琮が後継すると、曹操が荊州進攻を図る。蒯越は、同僚の韓嵩傅巽と共に曹操への降伏を劉琮に進言した。劉琮はこれを受け入れた。降伏後、蒯越は曹操から列侯に封じられ、光禄勲となった。曹操は、荀彧への手紙の中で「荊州を手に入れたことは嬉しくないが、蒯異度を手に入れたことは嬉しい」と記している。

建安19年(214年)に死去。臨終の際、曹操に対し家族の保護を要請する手紙を送った。

人物像[編集]

三国志』魏書劉表伝注に引く『傅子』によると、蒯越は深い智謀を有し、逞しい体躯の持ち主だったという。また、同伝注に引く司馬彪の『戦略』によると、劉表が荊州の敵対者を鎮圧する方法を質問した時、蒯良が「仁義の道を施すべき」と答えたのに対し、蒯越は「利で誘った上で無道の者を誅し、残りは安撫すべき」と答えたという。劉表は蒯越の進言を「(時宜にかなった権謀術策で知られた晋の人物)臼犯の策である」と賞賛し、この策を用いて荊州統一に成功したとされる。

物語中の蒯越[編集]

小説『三国志演義』では、延平出身で蒯良の弟にされている。玉璽を手に入れ江東へ引き返そうとする孫堅を、袁紹・劉表の命で蔡瑁と共に待ち伏せて包囲したが、後一歩で取り逃がしている。

その後の登場は、劉備が荊州に逃れた後である。蒯越は、劉表が劉備から受け取った馬が「的盧」であることを馬相から見抜き、これを手放すよう薦める。蔡瑁が劉備を暗殺しようとすると、蒯越は最初躊躇したが、蔡瑁が劉表の命であると偽ったため、これに協力している。なお、この件については『三国志』蜀書先主伝注に引く『世語』(『魏晋世語』のことか)において、蒯越と蔡瑁が「劉備の暗殺を謀った」と記されており、これが話の元になったと思われる。もっともこの話は、『三国志』の注釈者裴松之が「事実の筈がない」と強く否定している。

以後、曹操に降伏するまでは、史実通りの展開である。ただ、『演義』では曹操から江陵太守[1]に任命されている。

脚注[編集]

  1. ^ 江陵は南郡の1県であるため、「江陵太守」という地位は存在しない。南郡太守か江陵県令のいずれかが正しい。

参考文献[編集]