カイ・ニールセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カイ・ニールセン(Kay Nielsen、1886年3月12日 - 1957年6月21日)は、デンマークのイラストレーター、舞台美術家。コペンハーゲン出身。

略歴[編集]

パリで絵を学び、イギリスに出て名声を獲得。その後国籍を取得したアメリカで没した。

来歴[編集]

  • 1886年、コペンハーゲンにて母は有名女優、父は劇場監督という演劇界に囲まれた家庭で育つ。
  • 18歳になるとパリで絵の勉強を始め、アカデミー・ジュリアンやアカデミー・コラロッシで学ぶ。
  • 25歳より5年間、ロンドンに在住。1912年にダウズエル・ギャラリーで"The Book of Death"(「死者の書」)などの作品を展示。
  • 27歳、イギリスで挿絵画家としてデビュー。"In Power and Crinoline"(「おしろいとスカート」)を出版。
  • 28歳。"East of the Sun and West of the Moon”(「太陽の東、月の西」)を出版。戦後、コペンハーゲンへ戻り、1920年代前半より舞台美術の仕事に転じる。
  • 1918~1922年頃"One Thousand and One Nights "(「千夜一夜物語」)を描くが出版されず。
  • 38歳。"Fariy Tales of H.Andersen "(「ハンス・アンデルセンの妖精物語」)を出版。
  • 39歳。"Hansel and Gretel and Other Stories"(「ヘンゼルとグレーテルとその他の物語」)出版。コペンハーゲンへ戻り再び舞台美術の仕事をする。
  • 40歳。ユーラ・プレス=シュミットと結婚。
  • 44歳。"Red Magic"(「赤い魔術」)を出版。コペンハーゲンへ戻り再び舞台美術の仕事をする。
  • 1936年、アメリカに渡る。ロサンゼルスでディズニー映画「ファンタジア」の美術を手がける。
  • 1957年71歳。ロサンゼルスで永眠。


代表作[編集]

  • 「おしろいとスカート」(In Powder and Crinoline、1913年)
  • 太陽の東 月の西」(East of the Sun and West of the Moon、1914年)

参考文献[編集]

  • 『幻想の挿絵画家 カイ・ニールセン』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]