カイル・デバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイル・デバン

Kyle DeVan  No. 66, 68, 69, 62

ガード
生年月日:1985年2月10日(29歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント
身長:6' 2" =約188cm 体重:306 lb =約138.8kg
NFLデビュー
2009年インディアナポリス・コルツ
経歴
大学オレゴン州立大学
ドラフト外(2008年
 所属チーム:
* オフシーズン及びプラクティス・スクワッドのみの所属
通算成績
(2012年までの成績)
出場試合数     40試合
先発出場試合数     26試合
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

カイル・デバン(Kyle DeVan 1985年2月10日 - )は、カリフォルニア州サクラメント出身のアメリカンフットボール選手。ポジションはガード

経歴[編集]

高校時代はオフェンシブラインマン及びディフェンシブラインマンとしてプレーした。オレゴン州立大学では4年間で先発38試合を含む49試合に出場した。3年次にはパシフィック10カンファレンスのセカンドチームに選ばれた[1]

2008年5月1日にワシントン・レッドスキンズとドラフト外で契約を結んだが、7月9日に解雇された。7月17日にニューヨーク・ジェッツと契約したが開幕ロースターに残れず、8月30日に解雇された。10月15日にジェッツのプラクティス・スクワッドとして契約したが、12月16日に解雇された[1]

2009年4月22日、インディアナポリス・コルツと契約、レギュラーシーズン最後の9試合及び第44回スーパーボウルを含むプレーオフ3試合でマイク・ポラックに代わり右ガードとして先発出場した。2010年はコルツの左ガードとして12試合で先発出場している。コルツでは2シーズンで先発21試合を含む31試合に出場した[1]。2009年にはライアン・ディームチャーリー・ジョンソンジェフ・サタデーライアン・リジャとともにペイトン・マニングへの被サック数をリーグ最少の13回に抑え、パスプロテクションに貢献した[2]

2011年9月4日、フィラデルフィア・イーグルスと契約、右ガードとしての先発4試合を含む5試合に出場した後、11月5日に解雇された[1]

2012年6月4日、テネシー・タイタンズと契約を結んだ[1]。開幕前に解雇されたが、リロイ・ハリスが膝を負傷したため、10月31日にタイタンズと契約を結んだ[3]。その後、解雇と再契約を繰り返し、12月4日、タイタンズとこの年4度目の契約を結んだ[4]

2013年冬、母校のオレゴン州立大学のアシスタントコーチに就任した[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Biography”. テネシー・タイタンズ. 2014年4月5日閲覧。
  2. ^ ウィリアムス対マッド、両軍コーチの頭脳戦に注目”. NFL JAPAN (2010年2月3日). 2014年4月5日閲覧。
  3. ^ 10月31日発表のNFL選手契約”. アメフトNewsJapan (2012年11月1日). 2014年4月5日閲覧。
  4. ^ 12月4日発表のNFL選手契約”. アメフトNewsJapan (2012年12月5日). 2014年4月5日閲覧。
  5. ^ Kyle DeVan Biography”. オレゴン州立大学 (2013年11月7日). 2014年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]