カイマン亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイマン亜科
Caiman yacare.jpg
パラグアイカイマン
Caiman yacare
地質時代
暁新世 - 完新世現代
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: ワニ目 Crocodilia
: アリゲーター科 Alligatoridae
亜科 : カイマン亜科 Caimaninae
学名
Caimaninae
Brochu, 1999

カイマン亜科(Caimaninae)は、ワニ目アリゲーター科ワニである。アリゲーター亜科と並び、アリゲーター科の主要な系統の1つである。カイマン亜科のワニは、中央アメリカ及び南アメリカに生息する。比較的小さく、ほとんどの種は体長数mにしか達しない。最も小さい種はコビトカイマンで成長すると1m程になる。最も大きい種はクロカイマンで、成長すると4m以上になる。体長12m程度になるPurussaurusや、同程度の大きさに成長し、幅広のアヒルのような口吻を持つMourasuchus等の絶滅種も知られている。

現存種[編集]

分類[編集]