カイマク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボスニア・ヘルツェゴビナのカイマク

カイマク(Kaymak)とは、クロテッドクリームに似た、トルコクリーム状の乳製品である。ボスニア・ヘルツェゴビナクロアチアセルビア等のバルカン半島諸国や中東中央アジアイランパキスタンアフガニスタンアゼルバイジャンインドでも人気がある。水牛乳汁から作る。

伝統的な作り方は、牛乳をゆっくりと温め、その後極低温で2時間煮込む。火を止めた後、クリームの上澄みをすくい、数日間から数日の間、自然に冷やして発酵させる。カイマクは乳脂肪分が高く、約60%にもなる。濃厚な風味と豊かな味わいを持つ。

語源[編集]

カイマクという言葉は中央アジアに由来し、恐らくモンゴル語で金属を溶かして型に入れる事を意味するkayl-makという動詞に由来する[1]kaymakという用語が初めて文献に登場するのは、マフムト・アル=カシュガルの有名な著書『クタドゥグ・ビリグ』である[1]。この言葉はモンゴル語にkaylgmakとして残り、アゼルバイジャン語ではqaymaq[2]ウズベキスタン語ではqaymoq[3]キルギス語ではкаймак[4]トルクメン語ではkaymak[1]、と言われる。

バルカン半島[編集]

カイマクは、ほとんどが伝統的な方法で家庭内で作られる。購入する時は、店舗やスーパーマーケットではなく公開市場で買うことができるが、市販品は品質が良くない[5]。最も上質なものは、山牛の農場のものである。カイマクは、乾燥した動物の皮で作った袋で熟成させることもでき、このようなものはskorupと呼ばれる。

通常はオードブルとして食べられるが、調味料としても用いられる。最も簡単なレシピはlepinja sa kajmakomで、カイマクを詰めたピタであり、朝食ファストフードとして食べられる。セルビア人ボスニア人マケドニア人は、これを国民食と考えている。カイマクを使った他の料理には、pljeskavica sa kajmakom(溶けたカイマクをトッピングしたハンバーガー)やribić u kajmaku(牛脚肉のカイマク煮込み)等がある。これは、バーベキューの付け合わせとして食べられる。

トルコと中東[編集]

トルコではカイマクに非常に人気があり、少なくともカイマク店への女性の立入りが禁止された証拠がある1573年以降、数世紀に渡って店舗でのカイマクの製造と消費が行われてきた。今日では、カイマクは伝統的なトルコ料理の朝食と一緒に食べられる。かつてと比べるとカイマクの人気は落ちてきたが、水牛にケシ種の製油かすを給餌しているアフィヨンカラヒサール地方では、上質のカイマクが作られている。カイマクは、砂糖を加えないでいれたトルコの伝統的なコーヒーにクリームの代わりに加えられることもあり、また、ジャムや蜂蜜のようにペストリーパンケーキと一緒に食べられる。アフガニスタンのカイマクは、ナンの付け合わせや炭酸水素ナトリウムを加えた緑茶qymak chaiのトッピングとして食べられる。イラクではGaimarまたはQaimarと呼び、パン、蜂蜜またはジャム、熱い茶とともに朝食として食べられる。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]