カイナンボク科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイナンボク科
クロンキスト体系
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ニシキギ目 Celastrales
: カイナンボク科 Dichapetalaceae
  • Dichapetalum
  • Stephanopodium
  • Tapura

カイナンボク科(海南木科、Dichapetalaceae)は双子葉植物の科のひとつで、3属200種ほどからなる。世界の熱帯亜熱帯に分布する木本(一部つる性)。

日本には自生しないが、Dichapetalum属の2種が中国・海南島に自生することから「海南木」の和名がある(中国名は「毒鼠子」)。は全縁の単葉で互生。は4-5数性で花弁とがくのある小型の両性花で花序をつくる。果実は核果。この属は毒を持つものが多く、特に南アフリカ原産の"ジフブラール"(Gifblaar、D. cymosum)は猛毒のモノフルオロ酢酸を含有することで知られる。

クロンキスト体系ではニシキギ目としているが、APG植物分類体系ではキントラノオ目に移し、クリソバラヌス科に含めてもよいとしている。