カイザー・フランツ・ヨーゼフ1世級防護巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイザー・フランツ・ヨーゼフ1世級防護巡洋艦
艦尾から撮影された近代化改装後のフランツ・ヨーゼフ1世
艦級概観
艦種 防護巡洋艦
艦名 人名
前級 パンター級
次級 ツェンタ級
性能諸元
排水量 常備:3,967トン
満載:4,494トン
全長 103.7m
全幅 14.75m
吃水 5.7m
機関 形式不明石炭専焼角缶4基
+横置型三段膨張三気筒レシプロ機関2基2軸推進
最大出力 8,450hp
最大速力 19.17ノット(公試時:20ノット)
航続距離 12ノット/2,600海里
燃料 485トン(石炭)
乗員 484名
兵装 クルップ 24cm(35口径)単装砲2基
クルップ 15cm(35口径)単装砲6基
クルップ 7cm(15口径)単装砲2基
オチキス 4.7cm(44口径)単装機砲5基
オチキス 4.7cm(33口径)単装砲4基
オチキス 3.7cm(33口径)回転式機砲3基
45cm水中魚雷発射管単装4門
(1905年:シュコダ 15cm(40口径)単装砲2基
クルップ 15cm(35口径)単装砲6基
シュコダ 4.7cm(44口径)単装砲14基
シュコダ 4.7cm(33口径)単装砲2基
45cm水中魚雷発射管単装4門)
装甲 甲板:38mm
主砲カバー:40mm
バーベット部:90mm
副砲:60mm(前盾)、40mm(側盾)
砲郭:57mm
司令塔:45~50mm(側盾)

カイザー・フランツ・ヨーゼフ1世級防護巡洋艦 (SMS Kaiser Franz Joseph I class Kleiner Kreuzer) とはオーストリア=ハンガリー帝国海軍第一次大戦前に建造した防護巡洋艦の艦級である。

概要[編集]

本級は、アドリア海を挟んで対峙するイタリア海軍に対抗して建造された巡洋艦である。

艦形[編集]

近代化改装前の2番艦カイゼリン・エリザベート。舷側の副砲のスポンソンのうちマストの両脇のものは外洋で波浪が吹き込むためにシャッターをつけて開口面積を減らしている。

船体形状は、外洋航行を考慮して比較的乾舷の高い平甲板型船体とした。艦首水線下には衝角が設けられ、水線部付近には魚雷発射管がある。

前後甲板に24cm単装主砲各1基が配置され、艦中央部に艦橋、棒檣構造の前後檣、2本の煙突が配置された。煙突周囲は端艇甲板となっている。艦尾水線部付近にも45cm魚雷発射管1基が設置されている。

主砲はクルップ社製C/86 24cm(35口径)砲を採用した。この砲を露砲塔[1]に収めた。15cm副砲は、単装砲架に装備され、前檣・後檣・2番煙突付近舷側の半円形の砲郭(ケースメイト)に配置し、片舷3基ずつ計6基を装備した。

竣工後の1906年に、旧式化した主砲を自国シュコダ社製15cm(40口径)砲に換装した。搭載型式と搭載数は同じである。

艦歴[編集]

本級の機関は竣工時には石炭専焼缶であったが、1914年に2隻とも石炭・重油混焼缶に改良して機関性能を向上させた。その後、1番艦カイザー・フランツ・ヨーゼフ1世は本国艦隊の第2巡洋艦戦隊に配備され、そのまま第一次大戦に参戦した。開戦後の1914年9月9日と1916年1月9日にカイザー・フランツ・ヨーゼフ1世はツェティニェのロヴチェン山(en:Lovćen)にあるモンテネグロ王国軍の敵陣地に艦砲射撃を加えた。その後、本艦はカッタロ湾の警備任務に就き、1917年に武装を撤去された。敗戦後の本艦は連合国から賠償艦に指定され、フランスに割り当てられた。しかし、長年の酷使で老朽化された本艦は回航に耐えられず、1919年10月17日にカッタロ湾で強風の中沈没した。後に船体の一部が1922年にオランダの業者に、1967年にユーゴスラビアの業者により浮揚・解体処分された。

2番艦カイゼリン・エリザベートは青島に派遣された。第一次世界大戦の開戦時にも同地にあり、1914年8月25日に日本海軍に包囲された青島でドイツ軍と共に防衛に参加した。この時の青島にはドイツ東洋艦隊の残存艦であるブッサルト級コルモラン、航洋砲艦イティス、ジャガー、タイガー、ルクス、水雷艇S90があり、カイゼリン・エリザベートも日本艦隊に対する戦闘に参加した。 その後、カイゼリン・エリザベートの備砲の一部である15cm砲と4.7cm砲は取り外されて防衛線に配備された。しかし、同地の戦況は不利に推移し、日本軍による鹵獲を避けるため、ドイツ東洋艦隊の残存艦と同様に本艦も自沈処分とされた。

同型艦[編集]

2番艦カイゼリン・エリザベート(1914年)

1888年1月3日にトリエステ造船所にて起工。1889年5月18日進水。1890年7月2日竣工。1906年近代化改装。1919年10月にフランス海軍に賠償艦に引き渡され、回航途中にカッタロにて座礁沈没。1922年浮揚後解体。

1888年7月にポーラ造船所にて起工。1890年9月25日進水。1892年1月24日竣工。1906年近代化改装。1914年11月2日に青島で自沈処分(青島の戦い)。

脚注[編集]

  1. ^ 露砲塔とは、現在の砲塔形式とは違い、砲自体への装甲による防御はなく装填機構や旋回・俯仰角機構を収めた基部のみを装甲で覆う型式のことである。当時は、スプリンター防御や大落角の砲弾の防御という戦訓が生まれる以前の時代であり、大型の砲は基部から上が吹き晒しか、砲員を風波から守るお椀状のカバーをつける程度で装備されることもあった。本艦は後者の形式を採っていた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1860-1905」(Conway)


外部リンク[編集]