オーラヴル・アルナルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーラヴル・アルナルズ
Ólafur Arnalds
基本情報
出生 1987年 (26–27歳)
アイスランド大レイキャヴィーク地方モスフェットルスバイル
ジャンル ポスト・クラシカル
実験音楽
エレクトロニカ
職業 音楽家、作曲家、音楽プロデューサー
担当楽器 ピアノ
ドラム
ギター
バンジョー
活動期間 2000年代初期より
レーベル Erased Tapes Records
公式サイト Ólafur Arnalds

オーラヴル・アルナルズ(アイスランド語:Ólafur Arnalds, 1987年 - )は、アイスランドの作曲家、演奏家。主なジャンルはポスト・クラシカル大レイキャヴィーク地方のモスフェットルスバイル(モスフェルスバイル)に生まれた[1]。日本語では「オラフル・アルナルズ」などとも表記する。

アルナルズは以前、ハードコアバンド、メタルバンドに所属し、ファイティング・シットやセレスティンなどのドラムを担当した。彼はまた、彼の友人Þórir のソロプロジェクト、マイ・サマー・アズ・ア・サルヴェーション・ソルジャー (My Summer As A Salvation Soldier)に、バンジョーやギター、ピアノで参加していた。2004年には、ドイツのメタルバンド、ヘヴン・シャル・バーンの一つのイントロと二つのアウトロの作曲をした。

そして2007年10月、アルナルズの初のソロアルバム、Eulogy for Evolutionが発売された。続いて2008年に、EP としてVariations of Staticが発表された。同じ年にアルナルズは、同じアイスランドのバンド、シガー・ロスとライブツアーに出た。ロンドンのバービカン・ホールでの公演は売り切れたと伝えられる[1]。2009年4月、彼は七日続けて曲を発表するということもしている。発表された曲はそれぞれ、即興で二十四時間の内に作曲され、foundsongs.erasedtapes.comで公開された。これらの曲はFound Songsとしてまとめられ、高音質でCDでも発売された。アルナルズは舞踏家ウェイン・マクレガーに音楽を提供し、その曲集は2009年、Dyad 1909として発売された。2010年、二枚目のアルバムとなる...and they have escaped the weight of darknessを世に送り出した。

ディスコグラフィー[編集]

  • 2007年 - Eulogy for Evolution
  • 2008年 - Variations of Static (EP)
  • 2009年 - Found Songs (EP)
  • 2009年 - Dyad 1909 (EP)
  • 2010年 - "...And They Have Escaped the Weight of Darkness"
  • 2012年 - Stare (EP) with Nils Frahm
  • 2013年 - For Now I Am Winter

脚註[編集]

  1. ^ a b Ólafur Arnalds: Beautiful the Same way the Arctic is”. Headphone Commute. 2010年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]