オーラコゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーラコゲン (aulacogen) とは、プレートテクトニクスにおける三重点から伸びるリフトのうち、発達が停止(失敗)したものを指す。ギリシャ語の「aulax」に由来し、1946年ソ連地質学者ニコラス・シャツキ (Nicholas Shatski) が初めて使用した。

概要[編集]

大陸プレート下部の三重点からは、三方向に分裂が起こるが、その一方向の分裂拡大が停止することがある。未発達のリフトはオーラコゲンと呼ばれ、堆積物で埋積された大陸内の地溝となる。しかし、この部分は地質学的に弱いため、その後の地震火山の活動が度々生じることになる。そして、リフトの再形成が起こることもある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]