オープンリーディングフレーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オープンリーディングフレーム (Open Reading Frame; ORF) とは、DNA またはRNA 配列アミノ酸翻訳した場合に終了コード配列(termination codon; 終止コドン)を含まない読み取り枠(Reading Frame)がオープンな(Open)状態にある(タンパク質に翻訳される可能性がある)塩基配列を指す。

遺伝子予測アルゴリズムを用いてDNA の断片配列から遺伝子の場所を探索する場合、ORF の長さが長いと遺伝子が存在している良い指標となる。ただ長いORF が存在しても必ずタンパク質に翻訳されているとは限らないので、長いORF が遺伝子であるかは実際にそのタンパク質が合成されているかを調べる必要がある。


参考文献[編集]

  • Siew N, Fischer D. "Unravelling the ORFan Puzzle." Comp Funct Genomics. 2003;4(4):432-41. [1]
  • Brent MR. "Genome annotation past, present, and future: how to define an ORF at each locus." Genome Res. 2005 Dec;15(12):1777-86. [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]