オーブリーフタスッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーブリーフタスッポン
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : スッポン上科 Trionychoidea
: スッポン科 Trionychidae
亜科 : ハコスッポン亜科
Cyclanorbinae
: フタスッポン属 Cycloderma
: オーブリーフタスッポン
C. aubryi
学名
Cycloderma aubryi (Duméril, 1856)
和名
オーブリーフタスッポン
英名
Aubry's flapshelled turtle

オーブリーフタスッポンCycloderma aubryi)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目スッポン科フタスッポン属に分類されるカメ。

分布[編集]

ガボンコンゴ共和国コンゴ民主共和国中央アフリカ共和国

形態[編集]

最大甲長55cm。オスよりもメスの方が大型になる。背甲の色彩は褐色で、正中線に沿って暗褐色の縦縞が入る。胸腹硬板と後硬板は直線的に広く接する。腹甲を覆う硬質の皮膚(硬板)の色彩は黄色で、不明瞭な暗色斑が入る。

幼体は背甲の表面に突起や、正中線に沿って筋状の盛りあがり(キール)がある。背甲の色彩は赤褐色やオレンジ色で、暗色の斑点や正中線に沿って褐色の縦縞が入る。腹甲の硬板はあまり発達せず、アルファベットの「V」字状の斑紋が入る。

生態[編集]

熱帯雨林内にある水生植物が繁茂した水深の深い水場に生息する。幼体は森林内の浅い水場に生息する。乾季になると泥中に潜り休眠する。水底の倒木や堆積した落ち葉の下でじっとしている事が多い。危険を感じると泳いで逃げたり頸部や四肢を収納するが、臭腺から匂いを出す防御行動を行う事もある。

食性は動物食で、主に魚類を食べる。

繁殖形態は卵生。12-翌1月に卵を産む。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。野生個体のみが流通し、流通は非常にまれ。大型になるため、大型のケージが用意できない限り一般家庭での飼育には向かない。生息地の水質が酸性であることから、PHを酸性にする。また水質の悪化や変化に弱いため、水質が清涼かつ安定した状態を維持する必要がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ2 ユーラシア・オセアニア・アフリカのミズガメ』、誠文堂新光社2005年、67頁。
  • 冨水明 「ハコスッポン & フタスッポン」『ビバリウムガイド』No.44、マリン企画、2009年、31、43頁。
  • 安川雄一郎 「CLOSE UP CREEPERS -注目の爬虫両生類-」『クリーパー』第19号、クリーパー社、2003年、68、101-102頁。