オーバーハウゼン・マニフェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーバーハウゼン・マニフェスト英語: The Oberhausen Manifesto, ドイツ語: Das Oberhausener Manifest)は、26人の若いドイツ人映画作家の集団が、 ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州オーバーハウゼンで毎年開かれている「オーバーハウゼン国際短編映画祭」において、1962年2月28日に宣言したものである。

このマニフェストは、「新しいドイツの長篇劇映画」を設立する引き金であった。ハロ・ゼンフトによって起草され、署名者のなかには、映画監督アレクサンダー・クルーゲエドガー・ライツ英語版がいた。このマニフェストは Papas Kino ist tot(「パパの映画は死んだ」の意)というモットーと関係があるが、同フレーズはこのマニフェスト本文には見当たらない。

本マニフェストへの署名者は「オーバーハウゼン・グループドイツ語版」として知られるようになり、1960年代後半に始まる「ニュー・ジャーマン・シネマ」の重要な先駆者として見られている。「オーバーハウゼン・グループ」は、1982年、「ドイツ映画賞」を受賞した。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]