オートボルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オートボルタ共和国
République de Haute-Volta
フランス領西アフリカ 1958年 - 1984年 ブルキナファソ
オートボルタの国旗 オートボルタの国章
国旗 (オートボルタの国章)
国の標語: Unité - Travail - Justice
フランス語: 連合、労働、正義)
国歌: Hymne National Voltaïque
オートボルタの位置
公用語 フランス語
首都 ワガドゥグー
大統領
1960 - 1966 モーリス・ヤメオゴ
1983 - 1984 トーマス・サンカラ
面積
1982 274,200km²
人口
1982 6,360,000人
変遷
フランス領アフリカ共同体の自治共和国 1958年12月11日
独立 1960年8月5日
国号変更 1984年8月4日
通貨 West African CFA franc

オートボルタオートヴォルタ、上ボルタ、仏語: Haute-Volta、英語: Upper Volta)は、ブルキナファソのかつての国名である。

「オートボルタ」とは、「ヴォルタ川上流」を意味し、国土にはヴォルタ川の上流地域が含まれている。ヴォルタ川は黒ヴォルタ白ヴォルタ赤ヴォルタにわかれている。

この地域は、かつては行政的にはコートジボワール植民地の一部であったが、1919年3月1日にオートボルタ植民地として単独の植民地となった。しかし9月5日にオートボルタは分割され、コートジボワールフランス領スーダン(現在のマリ共和国)およびニジェールの一部となる。1947年9月4日に、もとの境界線にてオートボルタ植民地が再設置される。1958年12月11日にフランス領アフリカ共同体(La Communauté Franco-Africaine)の自治共和国のひとつとして独自の政府が設置される。1960年8月5日に完全独立。

1984年8月4日に当時の国家元首であったトーマス・サンカラによって国名が変更された。

オートボルタの国旗については、オートボルタの国旗を参照。

オートボルタ内からガーナへと流れるヴォルタ川