オータム・イン・ニューヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オータム・イン・ニューヨーク
Autumn in New York
監督 ジョアン・チェン
脚本 アリソン・バーネット
出演者 リチャード・ギア
ウィノナ・ライダー
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 クー・チャンウェイ
編集 ルビー・ヤン
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年8月11日
日本の旗 2000年9月23日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $37,761,915
世界の旗 $90,726,668[1]
テンプレートを表示

オータム・イン・ニューヨーク』(Autumn in New York)は、2000年公開のロマンス映画。監督は『ラストエンペラー』や『ツイン・ピークス』に出演した女優のジョアン・チェン。主な出演者はリチャード・ギアウィノナ・ライダーアンソニー・ラパリア

あらすじ[編集]

ウィル・キーン(ギア)はレストランオーナーであり結婚恐怖症の48歳の独身男。自由奔放な若きシャルロット・フィールディング(ライダー)と出会い、彼は深入りしない軽いロマンスを望んだ。ウィルは「永遠は約束しない」という信条の一方、シャルロットもこの関係は長く続かないと確信していた。なぜならば、彼女は病により死にゆく身であったからだった。

シャルロットの祖母のドリーは、シャルロットの病気を理由に彼女に会うのをやめて欲しいとウィルに警告した。本当の理由はそれだけではなく、ドリーは自分の娘や他の女性達が受けた痛みを同じように孫娘にさせたくなかったのだ。ましてや同じ男にである。ある時、ウィルが他の女性と関係を持ったと知って泣いて帰ってきたシャルロットに、ドリーは過去にシャルロットの母親とウィルの間にあった事を打ち明けた。
ウィルはシャルロットに許しを乞いに会いに来た。シャルロットは怒っていたが、ウィルを許し、二人は短くも愛しい時間を過ごした。

そしてシャルロットはウィルを残してこの世を去った。
その後、ウィルと娘と孫の三人でボートに乗っている光景があった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウィル・キーン リチャード・ギア 鈴置洋孝
シャルロット・フィールディング ウィノナ・ライダー 小林優子
ジョン アンソニー・ラパリア 坂口哲夫
ドロレス・タルボット エレイン・ストリッチ 藤波京子
リサ・タイラー ヴェラ・ファーミガ 日野由利加
サラ シェリー・ストリングフィールド 佐藤しのぶ
リン・マッケイル ジル・ヘネシー 小池亜希子
トム・グランディー J・K・シモンズ
サイモン サム・トラメル
ポール・シブリー マリー・ベス・ハート
シャノン カリ・ローシャ

評価[編集]

北米の公開週の成績は10,987,006ドルで『リプレイスメント』、『スペース・カウボーイ』、『インビジブル』に次ぐ初登場4位だった。批評も麗しくなく、6500万ドルの制作費に対し興行成績は最終的に3700万ドルにしかならなかった(世界興収は9072万ドル)[1]。賞もゴールデン・ラズベリー賞ワースト・スクリーン・カップル賞にノミネートされただけだった[2]


脚注[編集]

  1. ^ a b Autumn in New York”. Box Office Mojo. 2010年6月6日閲覧。
  2. ^ Autumn in New York”. Internet Movie Database. 2012年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]