オーソン・チャールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーソン・チャールズ

Orson Charles
シンシナティ・ベンガルズ No. 80

Orson Charles Bengals camp 2012.jpg
タイトエンド
生年月日:1991年1月27日(23歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州タンパ
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:250 lb =約113.4kg
NFLデビュー
2012年シンシナティ・ベンガルズ
経歴
大学ジョージア大学
NFLドラフト2012年 / 4巡目(全体の116番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
レシーブ回数     9回
レシーブ獲得ヤード     109ヤード
TDレシーブ     0回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

オーソン・チャールズ(Orson Charles 1991年1月27日- )はフロリダ州タンパ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLシンシナティ・ベンガルズに所属している。ポジションはタイトエンド

経歴[編集]

高校時代はアーロン・マレージェームズ・ワイルダー・ジュニアとチームメートだった。

2008年にフロリダ大学を訪問した際、2006年に同大学が全米チャンピオンになったときにクリスタル・ガラス製のトロフィーを取り落として壊してしまった[1]。2009年のアーミー・オールアメリカンボウルでプレーした[2]

ジョージア大学に進学、2009年はフットボールライター協会、カレッジフットボールニュース、スポーティングニュースなどからフレッシュマンのオールチームに選ばれた。2年次の2010年には各チームのコーチの投票でサウスイースタン・カンファレンスのセカンドチームに選ばれた。2011年には45回のレシーブで574ヤード、5TDをあげ、ジョン・マッキー賞のファイナリストにノミネートされた。またAP通信ESPNからカンファレンスのファーストチームに選ばれた[3]

ドラフト前の3月9日、酒気帯び運転で逮捕された[4]

2012年のNFLドラフト4巡でシンシナティ・ベンガルズに指名された。同年6試合の先発出場を含む全16試合に出場し、8回のレシーブで101ヤードを獲得した[5]

2013年、彼の存在もありベンガルズはFBジョン・コナーをシーズン開幕前に解雇した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Alex Scarborough (2012年4月18日). “Alabama's $30K BCS trophy shattered”. ESPN. 2014年1月12日閲覧。
  2. ^ Bio”. ジョージア大学. 2014年1月12日閲覧。
  3. ^ Georgia's Orson Charles Named Mackey Award Finalist”. ジョージア大学 (2011年11月21日). 2014年1月12日閲覧。
  4. ^ ドラフト注目TEチャールズ、酒気帯び運転で逮捕”. NFL JAPAN (2012年3月10日). 2014年1月12日閲覧。
  5. ^ Josh Kirkendall (2013年6月13日). “Bengals TE Orson Charles embracing fullback experiment”. cincyjungle.com. 2014年1月12日閲覧。
  6. ^ Michael David Smith (2012年9月3日). “John Conner was “shocked” when the Bengals cut him”. NBCスポーツ. 2014年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]