オーストラリア時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーストラリア標準時は下記のものが使われている。

  • オーストラリア東部標準時(Australian Eastern Standard Time - AEST (UTC+10))
  • オーストラリア中部標準時(Australian Central Standard Time - ACST (UTC+9:30))
  • オーストラリア西部標準時(Australian Western Standard Time - AWST (UTC+8))

非公式ではあるが次の標準時も一部では使われている。

  • オーストラリア中西部標準時(Australian Western Central Standard Time - AWCST (UTC+8:45))

タイムゾーン[編集]

オーストラリアの標準時

オーストラリアにおける時間の標準化は1892年メルボルンでの植民地間会議の時に始まった。その時に1884年国際子午線会議での推奨案であったグリニッジ平均時(GMT)(後に協定世界時(UTC)となる)を基準に考えた標準時の採用を決定した。世界の各国の習慣に従って、GMTから1時間の倍数の時間帯の地方標準時システムが考案された。

1893年西オーストラリア州1901年までは植民地、他州も同様。)はGMTを8時間進めた時間帯、南オーストラリア州およびクイーンズランド州ニューサウスウェールズ州は9時間進めた時間帯、ビクトリア州タスマニア州は10時間進めた時間帯を採用する立法を制定した。3つの地方標準時帯は、西部、中部および東部標準時として知られるようになった。

1898年には、南オーストラリア州がUTC+9:30に標準時を変更した。この非整数である時間帯には度々批判があり、1986年1994年UTC+10を採用するかUTC+9に戻す計画が浮上したが、実現しなかった。

標準時採用以来の大きな変更は、1910年1911年ブロークンヒルの中央標準時の採用と、ロード・ハウ島UTC+10:30の採用だった。一方、ニューサウスウェールズ州から分離したオーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州から分離したノーザンテリトリーは、親州の標準時を維持した。

本土以外の地域[編集]

オーストラリアの多くの島々では個々に標準時を持っていることがある。また、2つの地方では夏時間を採用している。

場所 標準時 夏時間 夏時間の期間
ハード島とマクドナルド諸島 UTC+5 なし
ココス諸島 UTC+6:30 なし
クリスマス島 (オーストラリア) UTC+7 なし
マッコーリー島 UTC+10 UTC+11 10月第一日曜早朝~4月第一日曜早朝
ロード・ハウ島 UTC+10:30 UTC+11 10月第一日曜早朝~4月第一日曜早朝
ノーフォーク島 UTC+11:30 なし
オーストラリア南極地域 - モーソン基地 UTC+6 なし
オーストラリア南極地域 - デービス基地 UTC+7 なし
オーストラリア南極地域 - ケーシー基地 UTC+8 なし

夏時間[編集]

オーストラリアの夏時間

夏時間を正式採用しているのは、オーストラリア首都特別地域タスマニア州ニューサウスウェールズ州ビクトリア州南オーストラリア州である。

南オーストラリア州はオーストラリア中部夏時間(Australian Central Daylight Time - ACDT (UTC+10:30))を採用し、それ以外で採用している州と地域はオーストラリア東部夏時間(Australian Eastern Daylight Time - AEDT(UTC+11))を採用している。

夏時間を採用する地域の大部分は10月の第一日曜日午前2:00から4月の第一日曜日午前3:00の期間に適用している[1]。この期間は2008年の夏時間終了時からの州政府間の合意によるものである。

西オーストラリア州は2006-2009年の3年間、オーストラリア西部夏時間(Australian Western Daylight Time - AWDT(UTC+9))を試行していた。他州に比べて夏時間の期間は短く、10月の最終日曜日午前2:00から3月の最終日曜日午前3:00の期間に適用していた[2]

2012年現在、夏時間を採用していないのはクイーンズランド州西オーストラリア州ノーザンテリトリーである。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  • Time - australia.gov.au [1] 2008-03-30閲覧。