オンドゥル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オンドゥル語(オンドゥルご)は、テレビドラマ『仮面ライダー剣』の登場人物が使用する言語[1]として、インターネット上で創出されたインターネットスラングの一つ。『仮面ライダー剣』において、椿隆之演じる主人公・剣崎一真が発した滑舌の悪い台詞回しを元にして、一部の視聴者の遊びで考え出された空耳ネタである。オンドゥル語の表記には半角カナを使うことが多い[1]

オンドゥル語遊びの発端およびその名前の由来は、『仮面ライダー剣』第1話で、ローカストアンデッドに殴打されている主人公の剣崎一真(仮面ライダーブレイド)が、建物の影に佇んだまま行動を起こさない、先輩の橘朔也(仮面ライダーギャレン)に対して言った、「本当に裏切ったんですか!?」[2]という台詞が、滑舌が悪かったため、視聴者には「オンドゥルルラギッタンディスカー!?」と聞こえたことにある[1]

この台詞のほか、第3話での橘の「俺の身体は、ボロボロだ!!」という台詞も「オデノカラダハ、ボドボドダ!!」に聞こえるなどして、発音が不鮮明だったために、オンドゥル語と認識された[1]

仮面ライダークウガ』におけるグロンギ語のような公式設定ではないが、番組制作側には存在を認知されており、2011年の『ネット版 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 〜ガチで探せ! 君だけのライダー48〜』には、「ピーマン!オンドゥルラギッタンディスか?〜みずがめ座O型の君へ」という作品がある。

椿は自身のブログなどでこの「オンドゥル語」を取り上げ、自らネタとして取り扱っている[3]。椿は、「実際の口論では言葉が伝わらないのが現実だ」として、それよりも自分の感情が届いているのかを気にしていたという。スラングの題材にされたことを特に不快には思っておらず、むしろ話題を呼んで作品を盛り上げる要素となったことを肯定的に捉えている[4]

関連項目[編集]

  • 特撮!板
  • NUGA-CEL! - 作中の味方が裏切る展開の一部で「オンドゥルルラギッタンディスカー!?」が使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『現代用語の基礎知識2006』自由国民社、1213ページ
  2. ^ この場面の前で、主人公たちの拠点であるBOARD(人類基盤史研究所)がアンデッドに襲撃されて壊滅するが、「橘が襲撃に絡んでいるのではないか」との疑いが登場人物から指摘されていた。
  3. ^ 再放送のお知らせ|椿隆之オフィシャルブログ「椿 隆之の奇抜!?」など。
  4. ^ 『THE 仮面ライダー EX』Vol.01、小学館〈てれびくんデラックス〉、2014年3月、p.46。ISBN 978-4-09105144-8