オングロスの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オングロスの戦い
戦争ブルガリア・東ローマ戦争
年月日680年
場所:ドナウ川下流の湿地帯
結果:ブルガール人の勝利、ブルガリア建国
交戦勢力
Flag of Palaeologus Emperor.svg東ローマ帝国 ブルガール人
指揮官
Flag of Palaeologus Emperor.svgコンスタンティノス4世 アスパルフ
戦力
不明 不明
損害
ほぼ全滅 不明

オングロスの戦いは、680年ブルガール人のハーン・アスパルフと東ローマ皇帝コンスタンティノス4世との間で行われた戦い。ブルガール人が勝利し、第一次ブルガリア帝国が建国された。

戦いの経過[編集]

大ブルガリア崩壊後、アスパルフに率いられたブルガール人の一派は、ドナウ川を越えて東ローマ帝国領内に侵入して略奪をおこなっていた。その頃、東ローマ帝国はウマイヤ朝との戦争で忙殺されており、ブルガール人の侵攻に対応することはできなかった。しかし、680年にようやくアラブ人との戦争を終わらせたコンスタンティノス4世は、ブルガール人の本拠地であるオノグロスへ親征を行った。対するブルガール人は、木造の砦を建設して侵攻に備えた。東ローマ軍はこの砦を落とすことができず、戦いは長期化した。そしてコンスタンティノス4世をはじめ、多くの兵士が伝染病に感染しため、東ローマ軍は撤退し始めた。ブルガール軍はそれを見逃さずに追撃を行い、東ローマ軍を壊滅させた。

戦いの結果[編集]

この戦いで勝利したブルガール人はさらに南下し、東ローマ帝国と停戦条約を結び、ドナウ以南に移住を開始し、第一次ブルガリア帝国が建国された。