オワコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オワコンおわコン、終わコン、終わったコンテンツとも)とは、主に一般ユーザーに飽きられてしまい、一時は栄えていたが現在では見捨てられてしまったことを指すネットスラングである[1]。正式な名称は「終わったコンテンツ」である。元々はアニメファンの間で使用されていたと言われている[1]

2011年12月1日ガジェット通信が主催するネット流行語大賞(本家版)では「オワコン」として第5位に認定され[2]、同月には大修館書店が主催する「『もっと明鏡』大賞 みんなで作ろう国語辞典!」の中高生が辞書に載せたい日常語、最優秀作品10語にも「おわコン」として選ばれた[3]

2014年に放送される千葉真一主演テレビドラマおわこんTV』(NHK BSプレミアム)は、オワコンモチーフとした内容で放映される[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b “おわこん(終わコン):モニ太のデジタル辞典” (日本語). 読売新聞. (2010年12月13日). オリジナル2010年12月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101216064444/http://www.yomiuri.co.jp/net/column/yougo/20101213-OYT8T00398.htm? 2014年1月18日閲覧。 
  2. ^ ネット流行語大賞2011(本家版)結果発表!金賞「ぽぽぽぽ〜ん」銀賞「ただちに影響はない」銅賞「セシウムさん」”. ガジェット通信 (2011年12月1日). 2012年2月1日閲覧。
  3. ^ 第6回『もっと明鏡』大賞 みんなで作ろう国語辞典!結果発表”. 大修館書店 (2011年12月12日). 2012年2月1日閲覧。
  4. ^ 西條耕一 (2014年7月1日). “新番組「おわこんTV」(BS試写室)” (日本語). 読売新聞(朝刊、首都圏): p. 40 

関連項目[編集]