オロナミンCドリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オロナミンから転送)
移動: 案内検索
オロナミンC ドリンク
種類 炭酸飲料
製造元 大塚化学
販売元 大塚製薬
販売開始 1965年
黄色
公式サイト オロナミンC ドリンク

オロナミンCドリンク(オロナミンシードリンク)は、大塚製薬が販売している炭酸飲料である。製造は大塚化学だが、大塚化学はオロナミンCの統括会社であり、実際の製品は大塚食品徳島工場・釧路工場、大塚製薬工場鳴門工場で製造されている[1]

単にオロナミンCオロナミンとも呼ばれる。商品名は、大塚製薬の皮膚薬「オロナイン軟膏」の「オロナ」およびビタミンCの「ミンC」から作られている[2]


歴史[編集]

1965年2月に販売が開始された。ガラス製の瓶入りで当時は王冠型のキャップが使用され、内容量は120ミリリットルであった。イソロイシンなどの必須アミノ酸ビタミンB2ビタミンB6、およびビタミンCを含む。ビタミンB2が含まれている事から紫外線を吸収し、可視光線としてはき出すためブラックライトに当てると光る[要出典]スーパーマーケットコンビニエンスストアなどの店頭、および大塚製薬の自動販売機で販売されている。日本での累計販売本数は1985年に100億本、1995年に200億本、2011年5月に300億本となっている。

発売当初に、炭酸を含んでいるという理由により、当時の厚生省に医薬品としては認められないと判断された。法律の定めにより、本商品は健康の保持や増進に関わる効能や効果を表示したり、広告することはできない[3][4]

発売当初、CMキャラクターに大村崑を起用したモノクロのテレビCMが製作された[5]

1971年王冠式のキャップから「スクリューキャップ」[6]になったが、1985年に毒物が混入される事件(パラコート連続毒殺事件)が各地で起きたのを受け、1986年、「マキシキャップ[6]に変更された。少年の薬物汚染撲滅に取り組む「夜回り先生」こと水谷修の著書によれば、空き瓶の中にシンナーを入れる人がいたため現在の方式に変わった。

1995年には姉妹品の「オロナミンC ロイヤルポリス」が発売された[7][8]。これはローヤルゼリープロポリスの抽出物、ハチミツを成分に含む。

宣伝・広告[編集]

大村崑のオロナミンCのホーロー看板

キャッチコピー[編集]

キャッチコピーは、当初は「元気ハツラツ!」であった。2002年からは「元気ハツラツぅ?」となっていたが、2011年からは再び「元気ハツラツ!」に復帰している。

テレビCM[編集]

初代テレビCM出演者は大村崑。「うれしいとめがねが落ちるんですよ!」というセリフが使われた。1970年の日本万国博覧会開催時には、上空で気球に乗った大村が「オロナミンCを飲んで万国博へ行こう!」と言うCMがあり、万博会場にある180店の全売店の内105店で販売した[9]。大村は発売当初から約10年間CMに出演した。昭和40年代にはテレビCMのほか、大塚グループの他の製品と同様、ホーロー看板を各地に設置する広告手法も併用された。ホーロー看板には大塚製薬がスポンサーとなっていた番組である『黄金バット』、『巨人の星』、『天才バカボン』(いずれもよみうりテレビ制作)や『アタックNo.1』、『ミラーマン』(いずれもフジテレビ制作)のキャラクターが左端下に載せられている。大村を起用したホーロー看板は映画やテレビ番組で使用される事がある。

1976年から2001年まで、前述「巨人の星」の協賛への縁から、プロ野球読売ジャイアンツ(巨人)の選手を起用した。CMの最後には大村による「オロナミンCは小さな巨人です!」というフレーズが用いられた。また「CパワーがGパワーになる」というキャッチフレーズも使われた。姉妹品『オロナミンC ロイヤルポリス』のCMでは、当時読売ジャイアンツに在籍していた松井秀喜が出演した。読売ジャイアンツの本拠地東京ドームの観客席の後ろに設置されている看板は、ホームランの打球を当てれば賞金100万円がもらえる「東京ドーム・ビッグボードスポンサー賞」の対象となっている。日本テレビ系の『全日本プロレス中継』のスポンサーであった時代には、同じ系列会社ボンカレーとともにリング下や会場の壁に垂れ幕が掛かっていた。女子プロレス団体のJWP女子プロレスでも一時期スポンサーとなり、会場で垂れ幕を掛けていた。

1991年に放送されたCMで使用された真木ひでと歌唱のCMソング「元気の星」が小中高生を中心にスマッシュヒット。

読売ジャイアンツのバージョンとは別に、加山雄三サザンオールスターズが出演した別のバージョンのCMも放映されていた。サザンオールスターズのバージョンのキャッチコピーは「明るくケジメるオロナミンC」だった。1993年後半から1994年前半にかけては木村拓哉がCMに出演し(この間、読売ジャイアンツの選手が出演するテレビCMは中断していたが雑誌媒体の広告などには出ていた)、1994年 - 1995年には木村の所属するSMAPの歌う曲がCMに使用された(「オリジナル スマイル」「しようよ」「がんばりましょう」)。1999年前半からの約半年間はCMソングとしてポケットビスケッツの「マーガレット」が使用されていた。

2002年3月1日からは、読売ジャイアンツの選手に代わり、「21世紀裕次郎を探せ!」キャンペーンの協賛企画として、グランプリの徳重聡など石原プロモーション俳優らがCMに出演した。

2004年以降のCMでは俳優の上戸彩が主演者として起用され、スポーツ選手芸能人と共演している。CMでは上戸と共演者のやりとりが行われる。共演者の応答は、初期は「OF COURSE!」だったが、後に「すっげぇハツラツ!」に変更されている。2005年度のCMは「もしも私が○○だったら」というテーマで、上戸が俳優・タレント以外の仕事をしたらどうなるかという設定で放送され、大統領、校長、スポーツ新聞記者の職種をモチーフにした寸劇風のCMを放映した。2010年度のCMは「お仕事ハツラツぅ?」というテーマで、架空の会社を舞台に上戸と吉本興業に所属する芸能人が共演している。

CMにおいて上戸彩と共演した主な人物は下記の通り。肩書は出演当時のものである(「お仕事ハツラツぅ?」シリーズはCMでの役柄)。

1991年、カプコンアーケードゲームブロックくずし「ブロックブロック」には、エリアクリア時にオロナミンCの広告が登場する。BGMはCMソングのアレンジである。

2004年からは、スポンサーとなったヒーロー番組『仮面ライダーシリーズ』とタイアップを行っている。同シリーズの『』などに主演している役者(椿隆之など)が、番組の放送時間内にのみ放送されるCMに出演している。なお2009年の『ディケイド』バージョンはディケイドのみの出演で、主演の井上正大は声のみの登場となった。また、2009年からは『フレッシュプリキュア!』も加わった。

2005年および2006年には、吉本興業所属の16組の若手お笑いタレントによる「元気ハツラツぅ?CMバトル」が行われた。 この企画は若手お笑いタレント達が自分達が考案し出演するCMを作り、トーナメント方式で争うというものである。 優勝すると、賞金8,202ペソ(約37万円)、また優勝者の出身地でのCM放映権を獲得できた。2007年には「キモチスイッチCMバトル」と名称が変更された。

2010年には大村崑に変身するコンテストが行われた[10]

2011年からは「元気の現場」をテーマにしたCMが放映され、櫻井翔がCMキャラクターに起用されている。(謎解きはディナーのあとでが出演者枠)

スポンサーシップ[編集]

「おいしいレシピ」[編集]

70年代初頭に放送されたCM「ホーム・パーティー編」には大村崑が家族と共に出演、本製品を材料に使った飲み物を紹介している[11]。CMでは次男が牛乳で割った「オロナミン・ミルク」、長男は卵で割った「オロナミン・セーキ」を飲んでいる(これらは、公式ウェブサイトで「おいしいレシピ」として紹介されている)。また父(大村)はウイスキー、その後輩役(古川ロック)はジンで割り、手軽なカクテルとして提案している。

これらは、2004年冨永愛泉谷しげるが出演したCMで再び紹介された。


脚注[編集]

  1. ^ 製造工場の御案内”. 大塚化学株式会社|オロナミンC. 2014年2月24日閲覧。
  2. ^ オロナミンCの歴史 [HISTORY 2]昭和40年(1965)年 「オロナミンC」商品名誕生秘話”. 大塚製薬. 2013年6月29日閲覧。
  3. ^ ●○健康や栄養に関する表示の制度について○●”. 厚生労働省. 2010年11月9日閲覧。
  4. ^ ○「健康食品」に係る虚偽・誇大広告等の禁止”. 厚生労働省. 2010年11月9日閲覧。
  5. ^ オロナミンCの歴史 [HISTORY 4]昭和4年(1966)年 「もう一度飲みたい」と感じてもらうために”. 大塚製薬. 2013年6月29日閲覧。
  6. ^ a b オロナミンCの歴史 [HISTORY 9]昭和61年(1986)年 ある事件を機に素早く変更されたキャップ”. 大塚製薬. 2013年6月29日閲覧。
  7. ^ ヒストリー”. 大塚製薬. 2010年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧。
  8. ^ 商品情報|ロイヤルポリスのこと”. 大塚製薬. 2014年2月24日閲覧。
  9. ^ オロナミンCの歴史 [HISTORY 5]昭和45年(1970)年 年間売上 1億本突破せよ”. 大塚製薬. 2013年6月29日閲覧。
  10. ^ 元気な顔ってどんな顔?コンテスト”. 大塚製薬. 2010年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧。
  11. ^ オロナミンCの歴史 [HISTORY 6]昭和47年(1972)年 牛乳? 卵? ウイスキー? 新感覚な飲み方”. 大塚製薬. 2014年2月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]