オレンジピール (1919年生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オレンジピールOrange Peel1919年 - 1940年?)は、馬術競技、とくに障害飛越競技用のに重要な影響を与えたサラブレッド種牡馬

オレンジピールは1919年にフランスで生まれた鹿毛牡馬で、馬術競技馬の血統に多大な影響を与えた種牡馬の一頭である。1924年から1940年にかけてサンローで供用されており、生涯に少なくとも19頭の牡駒を残した。おもなものにイブラヒムの父ラストオレンジ、ほかシュドポム、プラインドエスポアールなどがいる。今日子孫は非常に繁栄しており、1990年代の一流の障害飛越競技用種牡馬100頭のうち、26頭はオレンジピールの子孫であるという。近年ではブラジルバロベットドロエト (en:Baloubet du Rouet) などが知られる。

なお、本馬の父ジュドランジュはセントサイモン産駒セントフラスキンの末裔。セントフラスキンは一時イギリスで首位種牡馬にもなったが、この時期発生していたセントサイモンの悲劇などが要因となり衰退、今日父系は本馬によってのみ継承されている。一方母はリレッタという馬で、母の父はフランスの名馬アジャックスである。

外部リンク[編集]