オレンジウォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレンジウォーク
Orange Walk Town
ベリーズの旗
OWtownBZE.JPG
愛称 : Shuga City, Rambo Town
位置
の位置図
座標 : 北緯18度04分30秒 西経88度33分30秒 / 北緯18.07500度 西経88.55833度 / 18.07500; -88.55833
行政
ベリーズの旗 ベリーズ
  オレンジウォーク州
 市 オレンジウォーク
市長 Kevin Bernard
人口
人口 2010年現在)
  市域 13,400人
その他
等時帯 UTC-6 (UTC-6
夏時間 なし

オレンジウォーク(Orange Walk)はベリーズ第4の都市。人口は約1万3400人。オレンジウォーク州の州都である。ニュー川の左岸にあり、ベリーズシティの北、約100kmのところにある。 町の経済は農業や観光業が中心であり、サトウキビ栽培などが行われている。住民も多様であり、メスティーソの他、クレオールや中国人、インド人も居住している。

歴史[編集]

マヤ文明の時代、このエリアは'Holpatin'と呼ばれていた。このエリアには、マヤ文明における古典期以前における最大の寺院が存在している。1530年代頃ヨーロッパ人との接触が始まった。1848年、ユカタンカースト戦争 (en: Caste War of Yucatán) によってメキシコから避難してきた多くのマヤ人やメスチソがこのエリアに流入し、急激な人口増加に見舞われた。 今日もこのエリアで引き継がれている多くの伝統が、メスチソの流入とともにもたらされた。その1つに、サトウキビ栽培が挙げられる。時を経て、サトウキビ産業はベリーズの主要な産業となった。現在もサトウキビ産業により、このエリアは繫栄を続けており、オレンジウォークのニックネームは「砂糖の街」である。