オレグ・デリパスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オレグ・デリパスカ

オレグ・ウラージミロヴィッチ・デリパスカロシア語: Олег Владимирович Дерипаска、Oleg Vladimirovich Deripaska、1968年1月2日 -)は、ロシア企業家新興財閥ロシア・アルミニウムルサル)社長。

1968年1月2日ゴーリキー州(現在のニジェゴロド州ジェルジンスクに生まれのユダヤ系ロシア人1993年モスクワ大学物理学部を卒業する。アルミニウム関連の仲介会社を設立し、1994年自分の会社であるアリュミン・プロダクト社を通じて、サヤンスク・アルミニウム(サヤン・アルミニウム)の株式を買収し、同社の社長に就任する。 その後、原料から、最終加工までアルミニウム関連企業を傘下に収め、垂直的統合形態の企業を形成していった。1997年シベリア・アルミニウムを設立した。シブネフチと共同出資し、ロシア・アルミニウム(ルサル)を設立し社長に就任した。

ルサルは、ロシアのアルミニウム生産の約70パーセント、世界生産の約8分の1を占めるとされる。デリパスカは、ロマン・アブラモヴィッチとの協力関係を形成し、2001年ロンドンに設立されたミルハウス・キャピタルにルサル株50パーセントの信託管理を委ねた。 また同年12月、グループの統括のため、資産管理会社ベーシック・エレメント(バーザブイ・エレメント)社を設立。ルサルの他、大手保険会社インゴストラフなどを傘下に置く。 2004年10月には、アブラモヴィッチが所有していたルサル株を買収し100パーセント掌握することに成功した。また、ルサルは、アルミニウム生産に巨大な電力消費を必要とすることから、アナトリー・チュバイス統一エネルギーシステム(UES)との関係も強く、UESの事業にも参画している。

デリパスカは、2008年6月の北海道・洞爺湖サミットに出席、他の世界企業の経営者と共に財界としての地球温暖化問題への解決策について議論し、福田康夫首相(当時)に提案書を提出した[1] [2]

2008年世界長者番付では資産280億ドルで10位となっている。

プーチン政権下、有力な新興財閥として成長してきている。ところが、2008年10月の世界的な金融危機で160億ドルの損失を出し、傘下企業の一時操業停止や資産切り売りに追い込まれた。

2008年11月、デリパスカへの政治献金を持ちかけたとして、イギリスでは影の財務大臣・ジョージ・オズボーン保守党)への批判的報道が続いている。

2009年、ルサルはロシア政府から4500億ドルの融資を受ける代わりに政府の人間を役員に入れることとなった。これにより、ルサルは政府のコントロール下に置かれるようになった。[3]

2009年6月4日ウラジーミル・プーチン首相が、労働争議が発生していたデリパスカが所有する工場を訪れ、「企業の社会的責任はどこへ行った」「野心や欲深さのために人々を犠牲にした」とデリパスカらは厳しく叱責された。また、デリパスカはその場で操業再開の合意文書に署名させられ、滞納賃金も全額支払うよう命じられた[4]

脚注[編集]

  1. ^ World Economic Forum; Climate Change; CEO Climate Policy Recommendations to G8 Leaders
  2. ^ Expert magazine; "Zero Waste"; interview
  3. ^ NHK「揺れる大国 プーチンのロシア」2009年3月1日 放送
  4. ^ プーチン首相、ペン放り出して財閥社長を震え上がらせるAFP BBNews、2009年06月08日記事