オルヌ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルヌ川
FranceNormandieRabodangesLac.jpg
延長 170 km
水源の標高 190 m
平均流量 27.5 /s
流域面積 2,932 km²
水源 オルヌ県
河口・合流先 大西洋イギリス海峡
流域 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

オルヌ川Orne)は、フランス北西部を流れる川。ノルマンディーにおいては、その長さと流れからセーヌ川に次いで重要な河川である。

オルヌはアルジャンタンの平野部を流れ、アティスにおいては花崗岩の険しい渓谷を行き、スイス・ノルマン地方では頁岩砂岩の美しい渓谷を刻む[1]カーンのまちを流れ、暗渠化され、大きく豊かな生態系のある河口でイギリス海峡に注ぐ。

カーンの上流からアルジャンタンまでのオルヌ川を水路とする計画は、18世紀から19世紀初頭に提唱されていた。しかし、曳舟道を引くには大きな困難があった。川はところどころ浅いこと、巨大な岩の間を垂直に流れること、アンシャン・レジーム期から多くの技術者を落胆させてきたためである。フランス革命の混乱が収まった後に、ロワール川流域へ運河を掘削する計画が再び持ち出されるが、1850年代の鉄道到来で、河川をつなぐ野心的な計画は立ち消えとなった。

オルヌ川河口は、その多くの面積が1984年と2003年に沿岸保護庁によって買収された。優れた自然環境は常に自然の力で再生されるが、それは同時に人間の活動によって脅かされるものだからである。河口では、Allium oleraceum、ムスカリの一種Leopoldia comosa、クサスギカズラ科のOrnithogalum umbellatumなど、280種の植物が確認されている。

流域のコミューン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Article de Max-André Brier, Guide des merveilles naturelles de la France, Sélection du Reader's Digest, 1973, p. 366.