オルトケイ酸テトラメチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルトケイ酸テトラメチル
識別情報
CAS登録番号 681-84-5
PubChem 12682
特性
化学式 SiC4H12O4
モル質量 152.25
外観 無色透明の液体
密度 1.032
融点

4-5 °C

沸点

121–122 °C

への溶解度 有機溶媒
危険性
主な危険性 有毒
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オルトケイ酸テトラメチル化学式がSi(OCH3)4化合物であり、英語名のTetramethyl orthosilicateを略してTMOSとも呼ばれる。この分子はSiO44-イオン (オルトケイ酸イオン) に4つのメチル基を付加したような構造をしている。オルトケイ酸テトラエチル (TEOS) と基本的な性質が似ており、加水分解時にTMOSが出すメタノールはTEOSが出すエタノールよりも毒性が高いため、TMOSよりもTEOSがよく使われている。

オルトケイ酸テトラメチルは水と反応してSiO2 (二酸化ケイ素) になる。

Si(OCH3)4 + 2 H2O → SiO2 + 4 CH3OH

オルトケイ酸テトラメチルはゾルゲル法によるシリカゲルの作製に使われる。有機合成化学においてはケトンアルデヒドアセタールに変化させる際に使われてきた。[1]

安全性[編集]

Si(OCH3)4は水と反応して不溶性のSiO2を生じるため、目に入ると視力低下を起こす恐れがある。

出典・参考文献[編集]

  1. ^ Sakurai, H. "Silicon(IV) Methoxide" in Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis 2001 John Wiley & Sons. doi:10.1002/047084289X.rs012