オルティンドー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オルティンドーモンゴル語: Уртын дуу, Urtyn duu, 日本ではオルチンドーとも表記)は、モンゴル語で『長い歌』という意味の民謡であり、ホーミーと並び遊牧民族モンゴル人を代表する歌唱法でもある。

特徴として「細かく装飾されたメロディを持つ32連から成る叙情的な民謡」[1]とされ、東京藝術大学梶浦靖子は「非拍節的な自由リズムにもとづく旋律で歌い演奏される」ものと評している[2]。日本の民謡の『追分』や『馬子唄』のルーツと言われている[要出典]。起源は2000年前に遡ると考えられている。

現在でも、モンゴル及び中華人民共和国内モンゴル自治区の遊牧民のライフスタイルに密接に関連している。ユネスコ無形文化遺産に登録されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]