オルセリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルセリン酸
識別情報
CAS登録番号 480-64-8
PubChem 68072
ChemSpider 61385
日化辞番号 J6.167K
KEGG C01839
ChEBI CHEBI:32807
ChEMBL CHEMBL457583
特性
化学式 C8H8O4
モル質量 168.14 g/mol
融点

175 °C, 448 K, 347 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オルセリン酸(オルセリンさん、orsellinic acid)は、有機酸の1種である。地衣類生化学に重要な役割を果たし、地衣類から単離された[1]オルシルアルデヒドを酸化することによっても得られる[2]

エベルニン酸ラマール酸水酸化バリウムとともに煮沸することでも生成する。針状の無色の結晶となり、急速に加熱すると融解し、175 ℃付近で分解される[3]

ポリケチドからのオルセリン酸の生合成

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Nolan, T. J.; Keane, J.; Davidson, V. E. (1940). “Chemical constituents of the lichen Parmelia latissima Fee”. Scientific Proceedings of the Royal Dublin Society, Series A 22: 237–239. 
  2. ^ Kang, Ying; Mei, Yan; Du, Yuguo; Jin, Zhendong (2003). “Total Synthesis of the Highly Potent Anti-HIV Natural Product Daurichromenic Acid along with Its Two Chromane Derivatives, Rhododaurichromanic Acids A and B”. Org. Lett. 5 (23): 4481–4484. doi:10.1021/ol030109m. PMID 14602030. 
  3. ^ Russell, R.; Kemmelmeier, C (1990). “Neutral, alkaline and difference ultraviolet spectra of secondary metabolites from Penicillium and other fungi, and comparisons to published maxima from gradient high-performance liquid chromatography with diode-array detection.”. J. Chromatogr. 511: 195–221. doi:10.1016/S0021-9673(01)93285-6. PMID 2211911.