オルガ・ティス・エラザス (1903-1997)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オルガ・ティス・エラザス・ケ・ザニアス(Όλγα της Ελλάδας και Δανίας, 1903年6月11日 - 1997年10月6日)は、ギリシャの王族。ゲオルギオス1世の孫娘の一人で、デンマーク王女およびギリシャ王女の称号を有した。ユーゴスラヴィア王国摂政宮パヴレの妃。

オルガは1903年、ゲオルギオス1世の三男ニコラオス王子とその妻であったロシア大公女エレナ・ウラジーミロヴナの長女として、アテネに生まれた。母はロシア皇帝アレクサンドル2世の孫娘であった。両親は経済的に逼迫していたが、オルガが11歳の時に王制が倒れると亡命を余儀なくされた。一家はパリに移り、貧しい暮らしを続けた。

オルガは1923年、ユーゴスラヴィア王子パヴレと結婚した。パヴレは従兄のアレクサンダル1世が1934年に暗殺された後、その遺児ペータル2世の摂政を務めることになった。夫妻は3人の子供をもうけた。