オリヴィエーロ・デ・ファブリティース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オリヴィエーロ・デ・ファブリティース(Oliviero De Fabritiis, 1902年6月13日 - 1982年[1]8月12日[2]は、イタリア指揮者

ローマの生まれ。 地元でリチニオ・レフィーチェに音楽理論を学び、聖チェチーリア音楽院でジャコモ・セタッチョリに対位法を学んだ。1920年に地元の国立劇場で指揮者デビューを果たし、アドリアーノ劇場の指揮者となった。1934年にはローマ歌劇場の芸術監督をトゥリオ・セラフィンと共に務め、1943年までその任に当たったが、1938年にカラカラ浴場でトティ・ダル・モンテやベニャミーノ・ジーリの歌うドニゼッティの『ランメルモールのルチア』を指揮して大成功を収め、オペラ指揮者として高い評価を得るようになった。

1947年にはメトロポリタン歌劇場に登場してアメリカ・デビューを飾り、1963年にはエディンバラ音楽祭に出演してイギリス・デビューを飾ったほか、来日してジャコモ・プッチーニの『西部の娘』を初演するなど、国際的に活躍した。

ローマにて没。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]