オリン・キープニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オリン・キープニュースOrrin Keepnews 1923年3月2日ブロンクス生まれ)は北米の作家・音楽プロデューサー。リバーサイド・レコード(1953~1964)などでの作品で知られる。

仕事[編集]

1943年コロンビア大学卒業、英文学学位取得し、[1] その後第二次世界大戦末期の東京大空襲に参加した。

1946年コロンビア大学院に入学したのち、サイモン・シャスター出版社で編集者を務め、コロンビアの同級生Bill Grauerが1948年にオーナーになった雑誌「The Record Changer」でも活躍した。

1952年、GrauerとともにRCAヴィクターのXレーベルの再発シリーズを担当し、翌年ふたりはリバーサイド・レコードを設立した。当初このレーベルはスイング・ジャズの再発盤ばかり出していたが、ピアノのランディー・ウェストンと契約し、ようやく同時代のシーンに興味を抱いた。

1955年、セロニアス・モンクプレスティッジ・レコードとの契約が切れ、獲得し、ビル・エヴァンス, キャノンボール・アダレイナット・アダレイ, ウェス・モンゴメリー, ジョニー・グリフィンジミー・ヒースなどと契約し、プレスティッジやブルーノートの対抗馬となり、1961年ビル・エヴァンス・トリオの『Sunday At The Village Vanguard』『Waltz for Debby』をライブ録音した。

この時期Grauerはビジネスに専念したが1963年末心臓発作急死し、1964年夏リバーサイドは倒産した。

その後[編集]

キープニュースはピアニストディック・カッツとともにマイルストーン・レコードを1966年に発足し、マッコイ・タイナー, ジョー・ヘンダーソン, リー・コニッツ,ゲイリー・バーツと契約した。 1972年サンフランシスコに引っ越し、リバーサイドの権利を買ったファンタジー・レコードでジャズのA&R担当した。マイルストーンもファンタジーが買い、リバーサイドで一緒だったソニー・ロリンズと契約し、リバーサイドの再発盤を連発した。ビル・エヴァンスがファンタジーに参加したのはこのころである。 1980年にキープニュースは「どんな最高の条件であれ、もうだれかのために働くのはいやだ」と話し、フリーランスに戻った。

1985年Landmark Recordsを設立し、[2][3] クロノス・カルテットがビル・エヴァンスやモンクの曲を録音し、ボッビー・ハッチャーソンは後期の傑作アルバム群を録音し、1993年LandmarkはMuse Recordsとなる。

CD時代にも再発盤を担当。デューク・エリントンの24枚組CDボックス『RCA Centennial set』を1999年に制作。リバーサイドの『Keepnews Editions series』も担当。

制作作品(252枚)[編集]

1

  • 10 to 4 at the 5 Spot:ペッパー・アダムス1958
  • 13th House:マッコイ1981

2

  • 2 Horns / 2 Rhythmケニードーハム1957

5

A

B

  • Bags Meets Wes!ウェス・モンゴメリー1961
  • Barry Harris at the Jazz Workshop1960
  • Bearcat (album)Clifford Jordan 1961・1962
  • Big 6 (album)Blue Mitchell 1958
  • Big Bags:Milt Jackson Tadd Dameron Ernie Wilkins 1962
  • Big Chief!/Junior Mance 1961
  • Billy Taylor with Four Flutes1959
  • Blue Soul/Blue Mitchell 1959
  • Blue Spring (album)1959 Kenny Dorham / Cannonball Adderley/Dave Amram, /Cecil Payne, /Cedar Walton, /Paul Chambers, /Philly Joe Jones /Jimmy Cobb
  • Blue's Mood:Blue Mitchell in 1960
  • Blues for Dracula
  • Blues for Walls
  • Blues Up & Down
  • The Bob Corwin Quartet featuring the Trumpet of Don Elliott
  • Born to Be Blue! (Bobby Timmons album)
  • Boss Guitar
  • Brasswind
  • Bridge into the New Age
  • Bright and Breezy
  • Brilliant Cornersセロニアス・モンク
  • Buhaina
  • Butterfly Dreams
  • Byrd at the Gate
  • Byrd's Word!

C

D

  • The DeJohnette Complex
  • Devil May Care (album)
  • Do Nothing 'til You Hear from Me (album)
  • Don't Ask (album)
  • Don't Stop the Carnival (Sonny Rollins album)
  • A Double Dose of Soul
  • Drums Around the World

E

F

G

  • Gene Ammons and Friends at Montreux
  • George Shearing and the Montgomery Brothersウェス・モンゴメリー
  • Get Happy with the Randy Weston Trio
  • Gettin' Together (Paul Gonsalves album)
  • Gigi Gryce and the Jazz Lab Quintet
  • Glidin' Along
  • Goodbye (Gene Ammons album)
  • Got That Feeling!
  • Grab This!
  • A Grand Night for Swinging
  • Great Ideas of Western Mann
  • The Greeting
  • Griff & Lock
  • Groove Yard
  • Guitar Moods
  • Guitar on the Go

H

  • Happy Time (Junior Mance album)
  • A Harold Arlen Showcase
  • A Harry Warren Showcase
  • Hooray for Bix!
  • Horizon (McCoy Tyner album)マッコイ・タイナー
  • How My Heart Sings!

I

  • I Love Jerome Kern
  • Images (Sonny Red album)
  • In Orbit (Clark Terry album)
  • In Person (Bobby Timmons album)
  • The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomeryウェス・モンゴメリー
  • Inner Voices
  • Inside Straight (album)
  • Interplay (Bill Evans album)
  • Invitation (Milt Jackson album)
  • It's Magic (album)

It's Time for Dave Pike J

  • The Jack DeJohnette Piano Album
  • Jawbreakers (album)
  • Jazz á la Bohemia
  • Jazz by Gee
  • Jazz Workshop Revisited
  • Joe Henderson in Japan
  • Johnny Griffin’s Studio Jazz Party
  • Junior Mance Trio at the Village Vanguard
  • Junior's Blues
  • Junior's Cookin'

K

  • Keep Swingin'
  • Kelly Blue
  • Kenny Drew Trio
  • The Kerry Dancers
  • The Kicker (Joe Henderson album)
  • Know What I Mean?
  • Kyoto (album)

L

  • Last Chorus
  • Listen to Barry Harris
  • A Little Taste
  • Long Night (album)
  • Look Out for Evans Bradshaw!
  • Lookin' at Monk!セロニアス・モンク
  • The Loop (album)
  • Love at First Sight (album)
  • Lovers (Cannonball Adderley album)
  • Low Flame

M

N

  • Never No Lament: The Blanton-Webster Band
  • New and Groovy
  • New Jazz Conceptions
  • New Music of Alec Wilder
  • Newer Than New
  • Nippon Soul
  • Nucleus (Sonny Rollins album)

O

  • Odetta and the Blues
  • Odetta Sings the Blues
  • On Green Dolphin Street (album)
  • Once More! Charlie Byrd's Bossa Nova
  • Open House!
  • The Other Side of Benny Golson
  • Out of the Blue (Blue Mitchell album)
  • Out of This World (Walter Benton album)
  • The Outer View

P

  • Pal Joey (Kenny Drew album)
  • Passion Dance
  • Phenix (album)
  • Pieces of Eighty-Eight
  • Playin' in the Yard
  • Portrait in Jazz
  • Portrait of Cannonball
  • A Portrait of Theloniousセロニアス・モンク
  • Portrait of Wes
  • Power to the People (Joe Henderson album)
  • Preminado
  • Presenting Ernie Henry
  • Pyramid (Cannonball Adderley album)

Q

  • Quartets 4 X 4
  • The Quota

R

  • Rah!
  • The Randy Weston Trio

S

  • Sahara (McCoy Tyner album)マッコイ・タイナー
  • Sama Layuca
  • Satin Doll (Red Garland album)
  • Serenade to a Bus Seat
  • Seven Standards and a Blues
  • Showcase (Philly Joe Jones album)
  • Smooth as the Wind
  • So Much Guitar
  • Solar (Red Garland album)
  • The Solo Sessions, Vol. 1
  • The Solo Sessions, Vol. 2
  • Song for My Lady
  • Song of the New World
  • The Soul of Hollywood
  • Down Home (Sam Jones album)
  • The Soul Society
  • The Soulful Piano of Junior Mance
  • Spiritsville (album)
  • Starting Time
  • A Story Tale
  • The Stratus Seekers
  • Stratusphunk
  • Sultry Serenade
  • Sunday at the Village Vanguard
  • Supertrios
  • A Sure Thing
  • Sweet and Soulful Sounds

T

U

V

  • The Village Caller!
  • The Voice of Marty Bell – The Quartet of Don Elliott

W

Z

  • Zoot!

受賞[編集]

ビル・エヴァンスの楽曲Re: Person I KnewはOrrin Keepnewsへの感謝の曲で、タイトルがOrrin Keepnewsのアナグラムになっている。[4]

『The "Interplay" Sessions』(ビル・エヴァンス1984)と『Thelonious Monk: The Complete Riverside Recordings』(1988)でグラミー受賞。

2004年Trustees Award受賞。

2010年NEA Jazz Mastersと$25,000(250万円)を獲得した[5][6]

私生活[編集]

Lucile Kaufmanと1948年に結婚、1989年に妻が亡くなり、衣装デザインのMartha Eganと再婚。

息子Peter KeepnewsThe New York Timesの編集者でジャズなどについての著作あり。[7]

息子David KeepnewsはニューヨークHunter Collegeで看護学を教えている。

所属レーベル[編集]

著作物[編集]

  • Orrin Keepnews & Bill Grauer (1956 [1982]) A Pictorial History of Jazz: People and Places from New Orleans to Modern Jazz, Hale Publishing, ISBN 0-517-00009-1
  • Orrin Keepnews (1988) The View from Within: Jazz Writings, 1948-87, OUP (USA) ISBN 0-19-505284-6

参照[編集]

  1. ^ Columbia College Today
  2. ^ The Pop Life; A New Label, Landmark, Records Jazz - New York Times
  3. ^ Discogs
  4. ^ Peter Pettinger: Bill Evans: How My Heart Sings. Yale University Press, 1999.
  5. ^ NEA Will Honor 18 Artists
  6. ^ National Endowment for the Arts (2010年6月24日). “National Endowment for the Arts Announces the 2011 NEA Jazz Masters”. Washington: National Endowment for the Arts. 2010年7月19日閲覧。
  7. ^ Peter Keepnews search, The New York Times. Retrieved 2011-02-15.

外部リンク[編集]