オリンパス E-500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンパス E-500

オリンパス E-500は、オリンパス・イメージング社のオリンパスE-システムデジタル一眼レフカメラフォーサーズシステムを採用している。2005年11月発売。

ペンタ部の出っ張りを廃した横長のE-300からオーソドックスなスタイルに戻し、徹底した小型・軽量化を実現している。

E-500は入門機でありながら非常に多機能で細かな設定が可能で、ハイライトコントロール・シャドーコントロール・ローキーモード・ハイキーモードなどの熟練者好みの機能も有している。撮影素子はE-300と同じコダック製800万画素フルフレームCCDであるが、高感度ノイズを上手に抑え、ISO800以上における仕上がりはE-300とは全く別物にできる。液晶モニターは2.5型に大型化し、これまでの操作系・メニュー表示を踏襲しつつ各種設定もさらに簡便に行えるようになった。またE-300では不安定だったAEAWBも安定して使いやすくなっている。一方で、ファインダーはE-300よりも小さくなり、倍率も下がっている。ダストリダクションシステムも搭載。

仕様[編集]

モデル E-500
撮像素子 4/3型フルフレーム型CCD 17.3×13.0mm
有効画素数 800万画素
レンズマウント フォーサーズシステム・マウント
AF方式 TTL位相差検出方式
測距点 3点
測光方式 49分割デジタルESP測光・中央部重点平均測光
スポット測光・スポット測光ハイライト/シャドーコントロール
フォーカスモード シングルAF / コンティニュアスAF / MF /シングルAF+MF /コンティニュアスAF+MF
連続撮影 約2.5コマ/秒・4コマまで(RAW・TIFF)
ISO感度 1/1/3ステップ AUTO / 100 / 200 / 400 / 800 / 1600
ホワイトバランス オート /プリセット 3000K-7500K / カスタム / ワンタッチ
シャッター速度 60秒~1/4000秒(Mモード)、バルブ(8分)、X=1/180秒
ファインダー ペンタダハミラー・アイレベル一眼レフ方式・視野率約95%・倍率0.9倍・プレビュー可
液晶モニタ 2.5型ハイパークリスタル液晶(半透過型TFTカラー液晶)・21.5万画素
記録媒体 CFカードType I/II、マイクロドライブ対応・xDピクチャーカード
電源 専用リチウムイオン電池 BLM-1
本体サイズ(W×H×D) 129.5(W)×94.5(H)×66(D)mm
質量(本体のみ) 約435g


その他のオリンパスデジタル一眼レフカメラ[編集]

関連項目[編集]