オリンパス・ペン E-P2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンパス・ペン E-P2

オリンパス・ペン E-P2OLYMPUS PEN E-P2)は、オリンパス社が製造・販売するミラーレス式一眼デジタルカメラ(マイクロ一眼デジタルカメラ)である。マイクロフォーサーズシステムを採用している。2009年12月4日に発売された。同年7月3日発売のオリンパス・ペン E-P1の上位機種にあたる。デジタル版ペン・シリーズの第二弾となる。

概要[編集]

オリンパスとしては2機種目のマイクロフォーサーズシステムの一眼デジタルカメラで、第1号機であるE-P1の上位機種にあたる。日本国外では2009年 11月5日、日本では同12日に正式発表された[1]

第1号機の E-P1との最大の相違点は、アクセサリーポートを設け、オリンパスがライブファインダーと呼ぶ外付け電子ビューファインダーを装着可能としたことである。対応する電子ビューファインダーVF-2は別売りで、視野率100%、倍率1.15倍、約144万ドット。

また、アートフィルターにジオラマとクロスプロセスの2モードが追加されたこと、仕上がりモードにi-FINISHが追加されたこと、動体追尾AF機能が付加されたこともE-P1との相違点である。

ボディカラーは、E-P1がシルバー及びホワイトであったのに対して、E-P2ではシルバー及びブラックが用意された。シルバーモデルは、E-P1では黒だったグリップがブラウンにされている。

本体カラーのほかには、アクセサリーポートを設けたことにより、ホットシュー部が盛り上がっている点がE-P1との外観上の相違点である。ただし、仕様上の本体サイズは突出部を含まないためE-P1と同サイズとされている。また、重さも335gと、アクセサリーポートを設けたことによる増加はない。

仕様[編集]

オリンパス・ペン E-P2 仕様
撮像素子 4/3型ハイスピードLiveMosセンサー 17.3mm×13.0mm
有効画素数 1230万画素
レンズマウント マイクロフォーサーズシステム・マウント
AF方式 ハイスピードイメージャAF
測距点 11点
測光方式 TTL撮像センサー測光(324分割デジタルESP測光、中央部重点平均測光、スポット測光、スポット測光 ハイライト / シャドーコントロール
連続撮影 約3コマ/秒
ISO感度 ISO100 〜 ISO6400
ホワイトバランス オート / プリセット 3000-7500k / CWB / ワンタッチ
シャッター速度 60秒 〜 1/4000秒
手ぶれ補正 内蔵式(最大4EV)
ファインダー 内蔵なし(別売電子ビューファインダーVF-2を外付け可能)
液晶モニタ 3型ハイパークリスタル液晶・23万画素
フラッシュ 内蔵なし(外付け可能)
記録媒体 SD/SDHCメモリーカード
電源 専用リチウムイオン充電池 BLS-1
本体サイズ(W×H×D) 120.5(W)×70.0(H)×35.0(D)mm
質量(本体のみ) 335g

利用可能な交換レンズ[編集]

その他のマイクロフォーサーズシステム採用カメラ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「オリンパス・ペンE-P2」が国内で正式発表 - デジカメWatch、2009年11月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]