オリバー・ハザード・ペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリバー・ハザード・ペリー
Oliver Hazard Perry
Captain Oliver Hazard Perry, Portrait in oils by Edward L. Mooney.jpg
生誕 1785年8月23日
ロードアイランド州 ニューポート
死没 1819年8月23日(満34歳没)
ベネズエラ オリノコ川
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1799 -1819
最終階級 海軍代将
テンプレートを表示

オリヴァー・ハザード・ペリー(Oliver Hazard Perry, 1785年8月23日 - 1819年8月23日)はアメリカ海軍軍人米英戦争に従軍し、エリー湖の戦いにおいてアメリカ海軍に決定的な勝利をもたらし「エリー湖の英雄」と呼ばれた。

経歴[編集]

ペリーは海軍軍人であるクリストファー・レイモンド・ペリー(1760年12月4日 - 1818年6月8日)とサラ・ウォーレス・アレグサンダー(1764年 - 1830年12月4日)の息子であり、末弟は日本の開国をもたらしたマシュー・カルブレース・ペリーである。

ペリーはロードアイランド州ニューポートで育ち、1799年4月7日に海軍兵学校に入学し父親のフリゲート、ジェネラル・グリーンに配属となる。彼の初めての戦闘経験は1800年2月9日のハイチであった。

ペリーは1819年のベネズエラ遠征で、土着の昆虫による疾病により死去した。

ペンシルベニア州ペリー郡は彼にちなんで命名された。郡は1820年に成立した。

アメリカ海軍は彼にちなんでオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート1番艦にその名を命名した。

外部リンク[編集]