オリジナル・シックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オリジナル・シックスは、1942-1943シーズンに、NHLを構成し、1967年エクスパンションまで25シーズンにわたって活動したNHLチームを指す。[1]

オリジナル・シックスは:

「オリジナル・シックス」当時[編集]

オリジナル・シックスと言う用語は間違っている。NHL#歴史の"NHL発足時の構成チーム"を見ればわかるように、オリジナルシックスのうちNHL創設メンバーはカナダの2チームに過ぎない。ボストン・ブルーインズが、最初のアメリカフランチャイズとして1924年に加わり、カナダからモントリオール・マルーンズMontreal Maroons)、1925年にはニューヨーク・アメリカンズNew York Americans)、ピッツバーグ・パイレーツPittsburgh Pirates)が、創設後に加えられた。1926年に、あとの3チームが加わったことで、1967年以前で最大の10チームとなった。1929年世界恐慌を発端として、マルーンズ、アメリカンズ、当初からメンバーだった先代のオタワ・セネターズが次々に倒産したが、「オリジナル・シックス」は、その後25年間、6チームでのリーグ運営を続けた。

リーグが小さくなったことで、NHLでプレーできる選手数が少なくなった。それにより、プレーの質が高くなった。また、シーズンで同じチームと対戦する機会が14回になり、ファンにとって、リーグの全選手を馴染みの選手とすることが容易だった。当時の試合では、キャパシティの95%が入場した。

批判[編集]

この時代に関する批判として、6チーム中4チームが参加できるプレーオフ進出があまりに簡単で、多すぎる支配的なチームを目立たせると言うものがある。(レギュラーシーズン(regular season)後、2チームしか敗退せず、モントリオールは1949年から1967年まで、一度もプレーオフ進出を逃したことが無く、デトロイトとトロントも3回しかない。そのため、他の3チームが、残りのいす1つを争うことになった)

この頃のリーグは、オーナーによって、独裁的で、独占的な運営にさらされているとも批判されていた。この点に関しては、デトロイト・レッドウィングスのオーナーであるジェームス・ノリスJames E. Norris)が、シカゴ・ブラックホークスの所有を効果的に行い、さらにニューヨーク・レインジャーズの最大株主であった例などが挙げられる。

ノリスは、ボストン・ブルーインズにも、世界恐慌中に借金の取立てを留保するなどの方法で、その大きな影響力を保持した。象徴的な例として、後に選手会の設立を訴えるテッド・リンジーが、最下位のシカゴ・ブラックホークスに放出されたことが挙げられる。

第二次世界大戦後、6チームのオーナーすべてが、エクスパンションの可能性を却下し続け、衆目の集まる中ですら、申し出のあるたびに基準を変え、まだ存続していた、マルーンズやアメリカンズが再加入すると言う約束も反故にした。

その上、1980年代に選手寿命が伸びる兆しが見えるまで、選手の入れ替えがほとんど無く、カルダー記念賞(新人王)を獲得した選手うち、1950年代、60年代がもっとも弱いことが、一般的に受け入れられている。

オリジナル・シックス時代の終焉[編集]

1960年代までに、NHLが拡張しなければ、そのスペースを他のリーグが埋めていくことが次第に明らかになってきた。 アメリカンフットボールは、当時大きな成功を収め、他のホッケーリーグも成功していることが人々の目にも明らかだった。 特にWHLWestern Hockey Leagueは、 太平洋岸の市場に移り、選手の入れ替えが少ないNHLから締め出されている、才能ある選手たちが次々に活躍する場となっていたことに加え、アメリカのテレビ局との放映契約が、エクスパンションに向け、6チームのオーナーの背中を押すことになった。エクスパンション・シックス参照.

オリジナル・シックスの6チームはすべて、現存し、大きな名前の変更も無く(1986年に「ブラック・ホークス」が、Black HawksからBlackhawksになったものの)、都市やフランチャイズの変更も無い。

1942年が、オリジナル・シックス時代の幕開けと、広く受け入れられているが、1959-60シーズンまでは、すべての選手が、キャリアのすべてを6チームでプレーしたわけではなかった。最後まで、オリジナル・シックス以外でプレーした経験のある最後の選手は、以前ブルックリン・アメリカンズBrooklyn Americans)でプレーしたケン・モスデルKen Mosdell)で、1959年のスタンレー・カップで引退した。

オリジナル・シックス時代にプレーした最後の選手は、1983年のスタンレーカップを最後に引退した、ボストン・ブルーインズのウェイン・キャッシュマンWayne Cashman)、最後のゴーリー(GK)は、1982年に同じくボストンを引退したロガシアン・ヴァションRogatien Vachon)だった。

参照[編集]