オリエント・エクスプレス・ホテルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社オリエント・エクスプレス・ホテルズ
種類 株式会社
市場情報 NYSE: OEH
本社所在地 バミューダ諸島ハミルトン
業種 ホテル, レストラン, 列車, クルーズ
外部リンク オリエント・エクスプレス公式ウェブサイト http://www.orient-express.com/
テンプレートを表示

株式会社オリエント・エクスプレス・ホテルズ(Orient-Express Hotels Ltd.)は世界各国で高級ホテル、クルーズ、豪華列車を運営する会社。2012 年現在、ラグジュアリー・ホテルを45軒、レストランを1軒、6つの豪華列車、2つのクルーズを22カ国で運営している。

創始者は海運会社、シーコンテナ社社長ジェームス・シャーウッドで、会社の名前は著名なオリエント急行に由来しており、代表的なロンドンヴェネツィア間を結ぶ豪華列車、ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスや、イギリス国内を走るブリティッシュ・プルマンとノーザンベル、スコットランドロイヤル・スコッツマンThe Royal Scotsman)を運営している。また、クスコマチュピチュ間を結ぶ列車ペルー・レイルPeruRail)も半分所有している。

また、、ミャンマーの中心を流れるエーヤワディー川(旧イワラジ川)のクルーズ ロード・トゥー・マンダレイ (Road to Mandalay) やフランスのアフロート・イン・フランス(Afloat in France)のフランチャイズを運営している。

レストランに関しては、ニューヨークの、21 クラブ21 Club)などがある。

ヨーロッパに有するホテルの中では、ヴェネツィアのホテル・チプリアーニ(Hotel Cipriani)(オリエント・エクスプレス社は2006年に株の49%をハリーズ・バー(Harry's Bar) ロンドン支社に売却している)が有名である。2008年、ロンドンの裁判所にて名称を巡って争われたCipriani S.A.との訴訟に勝ち、Cipriani S.A.はロンドンにてチプリアーニを名乗ることが禁止された。[1]

南アメリカに有するホテルには、リオ・デ・ジャネイロのコパカバーナ・パレス(Copacabana Palace)、ペルーにはクスコのホテル・モナステリオとオール・スイート様式のパラシオ・ナザレナス、マチュピチュ遺跡近くのマチュピチュ・サンクチュアリー・ロッジ、ウルバンバのホテル・リオ・サグラド、リマのミラフローレス・パークがあり、ブラジルにはイグアスの滝のあるイグアス国立公園内唯一のホテル、ホテル・ダス・カタラタスがある。

東南アジアに有するホテルには、バリのジンバランにあるジンバラン・プリ・バリ、ウブドのウブド・ハンギング・ガーデンズ、カンボジアのシェムリアップにあるラ・レジデンス・アンコール、ミャンマーのヤンゴンにあるザ・ガバナーズ・レジデンス、ラオスのルアン・パバンの町にあるラ・レジデンス・プーバオ、タイのサムイ島にあるナパサイがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]